アマガエルと毛虫

先日、面白い場面に出くわしました。カエルは大きな葉の上にじっとしています。そこへ手前から毛むくじゃらの毛虫が、カエルのいる方向に進んで行きます。
どうなるのか固唾をのんで見守りました。今にも毛虫の毛がカエルに触れんばかりです。
しかし、カエルは微動だにせず、涼しい顔をしています。
やあ、驚きました。カエルの冷静さと自分の身に危険が及ばないという判断力に。
毛虫が去ったあと、横に回り、敬意を表して全身像を撮らせてもらいました(^-^)
写真を見ますと毛虫の重みで、葉が微妙に上下しているのがわかりました。







自然の営みの中の超短編ドラマを見させてもらって、得した気分でした。

——コメント——

面白い‥最後にカエルがパクッとといくのかと思っていました。tomiko さん冷静さと判断力っておっしゃってましたね‥そういうことか!
カエルの表情は元々変わらないものなのでしょうか?
話は変わりますが、人間の表情筋って、本来は生まれてすぐにおっぱいを吸うためのものだそうで‥喜怒哀楽は二次的なんだとか(ちょっと怪しい記憶ですけど)
By:misakotn

——
カエルの表情については暇な時に調べてみます。もしかしたら、変えたくても変えられないのかもと、今気が付きました。
今回、写真をよく見ましたら、毛虫は葉の中央の線に沿って進んでいましたが、カエルの横に差し掛かった時は少し右側に、つまり遠慮して外側を進んでいるようです。
昆虫、爬虫類など自然界の中でもやはり、マナーがあるのでしょうか?
By:tomiko

——
マナーがあるかどうか‥こんなこと考えるのも楽しいですね〜カエルに乗ると滑るからかも?
By:misakotn

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました