俣野 アカハラ、シロハラ、クイナほか

4日に植物の活動で出かけた俣野方面。
いつも立ち寄る池で、この日もアカハラ、シロハラ、クイナがしっかり姿を見せてくれました。
もうそろそろお別れですが、この冬も行く度に楽しませてくれた鳥たちです。
アカハラ

シロハラ

クイナ

やってきた夏鳥は子育ての準備で大忙しです。
イワツバメたちが護岸の犬走で、巣材を集めていました。

次々にやって来ては、枯れた草の茎をくわえて、
橋の下へ飛んでいきます。

田んぼの土留めのコンクリートに、テントウムシの蛹がどっさりついていました。
まだモゴモゴ歩いている幼虫や、一部がコンクリートに固定された前蛹も。

蛹から抜け出たばかりの成虫もいました。
羽化したてのナナホシテントウ。
まだ点々がなく、色もレモン色です。

時間がたつと、点々が出て来て、色もオレンジに変わってくるそう。
近くに立派な成虫も歩いていました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました