俣野 ホトトギス、オオヨシキリほか

昨日、植物の活動で今田遊水地へ向かう途中、
立石の少し先で、ホトトギスの声が聞こえてきました。
残念ながら姿は確認できませんでしたが、今季初聞きでした。
姿が見たかったな、と思いながら先へ進むと、
次の橋の付近で、対岸からオオヨシキリの声。
急いで、声の方へ行ってみました。
ボサボサの奥に時折チラッと見えますが、すぐに隠れます。
探していると、ウグイスが藪から飛び出て、囀りは初めました。

ホオジロも木のてっぺんで囀り始めました。

オオヨシキリの声は2か所から。
ウグイス、ホオジロ、オオヨシキリの三重唱のなかで、
ようやくオオヨシキリが、しっかり見える所に出てきました。

今度は、あちこち向きながらしばらく囀り続けてくれ、
赤い口の中も少し見せてくれました。

もう一つの声の方を探していると、チラッと動いた鳥がいます。
アオジでした。
まあ、まだ居たのね。という感じです。
結局もう1羽のオオヨシキリは見られず、集合場所へ急ぎました。

境川ぞいの土手はクスダマツメクサ、ナヨクサフジが花盛りでした。
クスダマツメクサ

ナヨクサフジ

バイバスの土手ではハナウドが満開。
市内ではあまり見られない花ですが、なぜかここは大きな群落になっています。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました