大庭 シロバナサクラタデほか

昨日、雨があがった昼過ぎに大庭へ。
遊水地の木道わきで、シロバナサクラタデが咲き始めていました。
暫く見ていると、モンシロチョウ、ベニシジミ、イチモンじセセリが
花から花へ。
小さな花ですが、蜜が美味しいようです。




ヤブマメも花を咲かせています。
小さな花ですが、きれいな色です。

タコノアシはあちこちで花盛りでした。
今年は真っ赤になってくれるでしょうか。

これもまた小さな花。
スズメウリの花と若実、

湿地に育つシソ科の植物で、さらに小さなコシロネの花。
この時期木道周辺で見られる小さな花たちです。

この時期よく見かけるヒヨドリの若鳥。
クチバシにまだ黄色みが残って、
頭の後ろのフサフサ毛が少なくて、頭が小さく感じます。

久しぶりにヤマガラを見かけました。
ちょっと羽繕い。

少し前(1日)ですが、朝5時頃、自宅の窓から朝の雲を見ていると、
小さな楕円形の雲がどんどん形を変えて、
まるでスリムなクジラが浮かんでいるような、楽しい形になりました。
形はどんどん変化して、じきにただの丸っこい雲になってしまいましたが、
いっとき、「お~い、クジラく~ん」と呼びかけたい気分になりました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました