大庭 ラミーカミキリほか

昨日、林縁沿いの道を走っていると、
何やら飛んできてちょっと先の葉の上に。
何かな、とそばへ寄って見ると、ラミーカミキリでした。
ここ数年、市内では見られずにいたので、嬉しくなりました。
よく、背中の模様がパンダの顔に見える、と言いますが、
ベストを着たロボットに見える、という人もいるそう。
想像力を掻き立てられる模様です。

これまでは、見かけるのはカラムシなど、イラクサ科の葉でしたが、
今回はムクゲの葉でした。ムクゲも食草のようです。
他に居ないかしらと探すと、もう1匹。正面顔で止まっていました。
ここに卵を産んでくれて、来年も見られるといいな。

ラミーカミキリを見ていると、近くの枝が微妙な感じで揺れました。
もしや、と思ってよく見ると、やはりナナフシ(ナナフシモドキ)でした。
このところよく出合います。

同じ林縁にハグロトンボも。
先週の観察会報告に載せられていましたが、私は見られなかったので、
今回が初見でした。

親水公園の芝生では、ベニシジミがネジバナの花に。

木道脇の草には、大きくなったヤブキリがじっとしていました。
獲物の虫を待っているのか。
タンポポの花にいる可愛い幼虫から、どう猛そうな成虫になっていました。

——コメント——

ラミーカミキリ‥こんなきれいなカミキリムシが大庭にいるのですね!きれいだけでなくユニークな模様‥顔が上と前に2つあるようです!是非実物を見てみたいです。頑張ります!
By:misakotn

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました