大庭 久々のホオアカ、 自宅でタヌキ ほか

大庭の田んぼで久しぶりにホオアカが見られました。
見かけたのは今日も2羽。 色味が少し違います。
これまでも何度かチラッと見てはいるのですが、あっという間に隠れてしまいます。
今日はしばらく見える高さに止まっていました。


最初は離れていましたが、そのうちちょっと飛んで、一緒になりました。
いつも同じ場所。 ずいぶんお気に入りのようです。

親水公園を走っていると、間近でキョッ、キョッ、の声。
アオゲラ? もしかしてイカル? とドキッとして探していると、
目の前のサクラからアオゲラが飛び立って、メタセコイアの枝先に止まりました。
この態勢でしばし停止。 斜面林の方へ飛び去りました。

川岸でハシボソガラスが、首を振りながら、ガーガーガー、と大声を出していました。
何気なく見ていると、開けた口の中がピンク色です。
この時期になっても、若鳥はまだこんな色なんですね。

帰宅後、東側の窓から外を見ると、よくネコが居る空き地の一画に、
ネコにしては大きすぎる動物が居ます。 なんと、タヌキでした。
疥癬でお尻の方の毛が無くなっています。
そのうち、ちょっと離れてもう1頭見えましたが、
そちらは全身の毛が全く無い、可哀そうな状態でした。
どこから来たのでしょう。
しばらくじっとしていましたが、そのうちに竹藪に潜っていきました。
ここに住んで40年になりますが、窓からタヌキを見たのは初めてで、ビックリでした。

午後、ちょっと行った長久保公園では、
今日もアカハラがパサッ、パサッ、と落ち葉返しをしていました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました