江の島 ミヤコドリ、クロサギほか

午前中、大庭を歩いていると、「江の島岩場にミヤコドリとクロサギが・・・。」と教えていただき、
午後、ちょっと行ってみました。
行った時はどちらも姿が無く、見えるのはカモメばかりでしたが、
せっかく来たのだからと、海の景色を見ながら日向ぼっこをしていると、
ピッ、ピュッ、と高い声がして、ミヤコドリが戻ってきました。
ちょうど、少し大きな波が来て、砕けた白波の中。
赤いくちばし、黒い背中がくっきりきれいに見えました。

最初は遠かったのですが、ずいぶん近くに来てくれました。
顔を斜めにしてクチバシでつついて、せっせと餌探し。

時々パタパタと羽ばたいたりしながら、あちこち動き回って、時々何やらゲットしていました。
昨年は結局1度も姿を見られなかったので、本当に久しぶりでした。


一生懸命にミヤコドリを見ていたら、いつの間にかクロサギも戻ってきていて、
ふいにすぐそばにやって来ました。
クロサギもずいぶん久しぶりです。

エサを探して、さかんに歩き回っていました。
岩場の縁でじっと水面を見つめて、

何やら小さなものを捕まえました。

午前中城址公園で、エナガの小群がジュウガツザクラの枝に来て、
パラパラ咲いたサクラの花びらをついばんでいました。
エナガが花びらを食べるのは初めて見ました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました