辻堂海岸 アリスイ、シロチドリほか

8時過ぎに海岸へ出てみました。海岸への歩道橋を降りたところで、
砂防林の枝に、何やら上がってきてヒョイと止まりました。
スズメ、ホオジロなどとは違う感じだなあ、と双眼鏡で確認すると、
アリスイだったので、ビックリ。 思いもかけない出合いでした。
ちょっとキョロキョロ辺りを見ていましたが、すぐに飛んで分からなくなってしまいました。
松林で冬越しをして、時々出てきてくれたりしないかな。
ちょっと楽しみです。


今日は、海浜公園より東側の浜に、ミユビシギ19羽がかたまっていました。
どうもお休みモード気味で、波が迫るとちょっと動き、
サーファーが近づくと、またちょっと動き、
まとまって、チョコチョコ動きをしていました。

ミユビシギを見ていると、小群が飛んできて、遠くに降りるのが見えました。
急いで行ってみると、居たのは20羽ほどのシロチドリ。
この秋初見でした。
浜の奥、サイクリングロードに近い所で、ばらけて動いていました。


もう少しまとまって、座り込んだりしないかなあ、と思っていましたが、
急に一斉に走り出し、また飛び出して行ってしまいました。
浜に居たのは10分足らず。これもラッキーな出合いでした。

今日は、引地川河口にも20数羽のミユビシギが来ていました。

コメナモミが咲いているかな、と、そのまま、ちょっと川名谷戸へ行きました。
市内では、他ではなかなか見られません。
花盛りでした。肉眼で見ると、なんだか地味な花ですが、

初めてルーペで花を見たとき、ビックリでした。
小さなプツプツのある腺毛がビッシリと付いて、なんとも言えない面白い感じ。
花もなかなか素敵です。

近くには、ナンテンハギ、ヤマハッカ、ワレモコウなど、
この季節の花がきれいに咲いていました。



花を見ていると、イトトンボが2頭とんできて、イノコヅチの茎に止まりました。
羽を開いて止まる、独特のスタイル。
オオアオイトトンボだと思います。
先日、横浜自然観察の森へ出かけたときに見かけましたが、
市内で見るのはずいぶん久しぶりでした。


nontabaさんが載せられている、キク科の植物。
今しがた投稿を見ましたが、私は気づかずに帰ってきてしまいました。
何でしょう? よく分かりません。
植物の先輩方に聞いてみます。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました