長久保 ハクビシン  大庭 オカタツナミソウなど

公園へ入ると、来ていた方に、ハクビシンが居る、と教えていただきました。
行ってみると、樹の高い枝に乗っていて、枝の隙間から顔が見えました。
白い鼻筋がクッキリ。確かにハクビシンです。
街中に居る、といのはよく聞きますが、本当なんですね。ビックリ。
初めて見ました。

場所を変えると、体全体が見えました。
枝にくっついて、じっとしていて、時々顔だけ動かします。

かなり長く同じ態勢で居ましたが、
カラスが2羽やって来て、激しく鳴きたて、追い払おうとします。
それでもしばらく動かずにいたのですが、あまりのしつこさに、
これはたまらんと、奥の方へ消えていきました。 

園内のあちこちで、カルミアの花が咲いています。
この花、ツボミはコンペイトウのように、ツンツンして可愛い形です。

開くと、このツンツンは花弁の外側になって、窪みになっています。
咲き出したばかりの時、雌蕊は真ん中にピンと立っていて、
雄蕊はみんな、くるんと丸まって、頭をこの窪みに突っ込んでるんです。

咲き進むと、雄蕊も立ってきて、葯が見えてきます。
自家受粉を避ける仕組みだと思いますが、面白い花です。

大庭では、オカタツナミソウが咲き始めていました。
市内では、見られる場所が限られる花の1つです。

林縁ではあちこちでスイカズラが花盛りに。甘い香りが楽しめます。

林縁の脇の空き地にキツネアザミが1株。
最近大庭であまり見なくなった気がします。

アカサシガメ、ホオズキカメムシ、ヤハズカミキリ、フクラスズメの幼虫など、
虫たちも賑やかになってきました。



——コメント——

「ハクビシン」は夜行性と思ってましたが、昼間にもいるんですね。
秋山 孝
By:湘爺

——
本来、夜行性のはずですから、昼間はどこか見えないところで休んでいるんだと思います。
このハクビシンも、じっとして、休んでいる感じでした。
ちょっと場所を間違えたんですかね。
たま~にフクロウも、真昼によく見える枝でウトウトしてたりしますよね。
アライグマは特定外来生物ですが、ハクビシンは在来種説もあるそうで、
農業被害は甚大でも、特定外来にはなっていないようです。
By:tomy

——
カルミアの花、可愛くて面白いですね〜
ハクビシンは隣の遊歩道で2度ほど見かけたことがあります。この辺りではぶどうやみかんを食べるのでとても嫌われています。でも我が家のみかんは酸っぱいので食べません。
By:misakotn

——
ハクビシンは、やっぱり住宅街に出没しているんですね。
自宅周辺では見たことがありません。
東側の空き地なんて、竹やぶや草でモサモサなのですが・・・。
目に入らないだけで、居るのかも知れませんね。
By:tomy

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました