(1/6) 引地川湘南台地区( トビのウ○○ など )

朝の川散歩をするつもりでしたが、アッシー君を仰せつかり二つ返事で承知しました。
そこで、夕方散歩に切り替えました。
川に到着すると、一面の曇り空で薄暗い。
桜並木はさらに薄暗いです。
それに寒いこと寒いこと。
桜並木の切れ目で、空を眺めまわしました。
すると、上流側かなり遠くの空に鳥の影を発見。
最初「トビ」かと思いました。
でも、飛び方や体型などから「トビ」ではありません。
これは「ハイタカ」か「オオタカ」に違いありません。
急いでカメラを向けましたが、撮りにくい。
ひどい写真ですが、証拠写真にはなります。
体がスリムで尾羽が長そうな印象で、翼指から「ハイタカ」の可能性が高そうですが、
どうでしょうか。

【写真101】

【写真102】
ひどい写真ですが、会えただけで満足です。
先を急ごうと歩き始めると、上流の方に「カルガモ」が3羽いるように見えました。
近づくと、1羽は「マガモ」じゃないですか。
お~~、久しぶり~。

【写真103】
メスは居ないのかなと見回していると、桜の木の上で「エナガ」の声が聞こえてきました。
「エナガ」の小さな群れが通り過ぎて行きます。
急いでカメラを向けて追いかけました。
薄暗い中をチョコマカチョコマカ動き回って撮りにくいこと。
何とか撮れた一枚です。

【写真104】
「エナガ」を追いかけていると、近くに大きめの鳥が居ました。
何だろうとカメラを向けてズームアップすると「ツグミ」じゃないですか。
お~~、久しぶり~。

【写真105】
カッカッと「ジョウビタキ」の声が聞こえてきました。
お馴染みのメスが、挨拶に出てきました。

【写真106】
寒いせいかお腹周りの毛を膨らませてますね。
そろそろ戻るかと、ユーターンして空を見上げました。
すると、電線に「トビ」が留まってました。
カメラを向け、シャッターを押しました。
シャッターを押すと同時に、覗いていたファインダーの中で「トビ」がお尻を跳ね上げました。
どうしたんだろうと、カメラの液晶で撮った写真を確認しました。
あっ、な、な、なんと、お尻を上げた瞬間にウンチをしたのでした。
ウンチをすると同時にシャッターを押していたのです。
下の写真を見てください、ウンチが写ってます。

【写真107】

【写真108】
その直後、「トビ」はキョロッとして素知らぬ顔をしています。

【写真109】
笑っちゃいました。
遠くの木のてっぺんに鳥が留まっています。
カメラを向けてズームアップ、「ホオジロ」でした。

【写真110】
先日紹介した目尻の白斑が確認できますね。
下流に向かって帰り道を歩いていると、上空を鳥の群れが下流方向に飛んで行きます。
見た印象と直感から「ユリカモメ」に間違い無いでしょう。
海に帰るところだと思います。
あわてて撮ったのでボケボケです.

【写真111】
寒い寒い、急いで帰ろう。
秋山 孝

——コメント——

ハイタカでしょう。
By:kazunaritt

——
やはり 「ハイタカ」 でしたか。
どうもありがとうございました。
秋山 孝
By:湘爺

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました