(1/9) 引地川湘南台地区( オナガガモ など )

朝の川散歩に行きましたが、すごい寒さですね。
川沿いの公園の木が、強い北風にずいぶん揺れてます。
向こう岸に「ハシボソガラス」が何かを咥えて降り立ちました。
白い細長いもので、食べ始めました。

【写真101】
何だか、北風が吹いているだけで静かすぎます。
カメラを向ける対象が居ません。
そんな中、「カワラヒワ」が枝に留まっていたので、カメラを向けました。
普段は見過ごすんですけどね。

【写真102】
やはり静かです。
常連の「アオサギ」が居ました。
顔をズームして撮りました。
後から北風にあおられて、髪が逆立ってます。

【写真103】
常連の「カシラダカ」です。
北風に向かって留まっているので、シンボルの髪は畳んでます。

【写真104】
やはり静かです。
色々な人から鳥が少ないね、と言う話をよく聞きます。
私もそう思います、ほんとに静かです。
湘南台地区であまり出会わないので、六会方面に少し足を延ばしました。
ふと川を見ると、カモ類が泳いで来ました。
よく見ると、「マガモ」に「オナガガモ」じゃないですか。

【写真105】
この辺で「オナガガモ」に会うのは何年ぶりだろう。
「オナガガモ」のオスで、他に仲間が居ないので「マガモ」にくっついてます。

【写真106】
「オナガガモ」に会えて、気分が良くなりました。
帰り道、川の流れに逆らって必死に泳いでいる「コガモ」が居ました。
換羽中のオスですが、なんとなく貧相な感じなのに必死に泳いでいる姿を見て、思わずカメラを向けてしまいました。

【写真107】
そのちょっと先には、換羽が完了して堂々としたオスがうたた寝をしていました。

【写真108】
北風は冷たいですね、早く帰ろう。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました