(11/15) 引地川湘南台地区(イソヒヨドリなど)

昨日15日の朝、又、カモ類を見に行きました。
いつも「コガモ」が朝食を食べている排水口に行ってみると「コガモ」は居ませんでした。
代わりに「イソシギ」が朝食を食べていました。
カメラを向けると、急にカメラ目線になりました。

【写真101】
「ヒドリガモ」が、いつも同じところで同じポーズでうたた寝しているところを覗いてみました。すると「ヒドリガモ」は居ませんでした。どこに行ったんでしょう。
代わりに換羽中のオスの「コガモ」が居ました。

【写真102】
結局、最後まで「ヒドリガモ」は見かけませんでした。
途中で、用事の電話をかけました。
相手と話しながら、ふと対岸の水門を見ると、な、な、なんと水門のわきに「イソヒヨドリ」がいるではありませんか。
それからは、気もそぞろで、相手との話に集中できません。
心の中で「イソヒヨドリ」よ、飛ばずにそのまま待ってくれと祈り続けました。
電話を早めに切り上げ橋に急ぎました。
「イソヒヨドリ」は待っててくれています。
橋を渡り終える手前で横から「イソヒヨドリ」にカメラを向けながら「待っててくれてありがとう」と心の中で叫びました。
そして、シャッターを押しました。

【写真103】
オスの若でしょうか。
すると、ひょいと飛び上がって水門の上でポーズをとってくれました。
感謝感激雨あられ、かっこよく撮るからねとシャッターを押しました。

【写真104】
川の流れが割と早めでした。
その川の流れに乗って、上流から「コガモ」のメスがやってきました。

【写真105】
このほかに「コガモ」のメスを1羽見かけています。
本日は「コガモ」3羽だけでした。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました