(12/1) 引地川湘南台地区( チョウゲンボウ と重機 )

12月1日に朝の川散歩をしましたが、立て込んでいて、そのままになっていました。
何だかもったいないので、遅ればせながら紹介します。
遊水地化予定地の原っぱが良い狩場になっているようで、ここに「チョウゲンボウ」のオスが住み始めました。
朝の散歩で良く出会い、ここで紹介しています。
でも、遊水地化工事のため、人やダンプに重機が入り始めて工事をしています。
こんな状況なので「チョウゲンボウ」が人や重機を避けて、どこかに移動するんじゃないかと心配していました。
朝の川散歩で「チョウゲンボウ」を見かけない時は、移動したのかなと思いました。
でも、別の日の朝の川散歩で見かけるので、まだ移動していなと安心します。
こんなことを何度か経験しているうちに、もしかしたら「チョウゲンボウ」は人や重機をさほど気にしてないのかもしれないと思い始めました。
その思いを確信したのが、この日の朝の川散歩でした。
日曜日の為、作業は休みで人は居ないし重機は駐車したままです。
その日「チョウゲンボウ」が定位置に居ないので、移動してしまったかなと心配しました。
そこを通り過ぎてぶらぶら歩いていると、工事でたくさん盛られた盛土がありました。
そこに何かいます。
カメラで覗いてズームすると「チョウゲンボウ」が留まっているじゃありませんか。
急いでシャッターを押しました。

【写真101】
盛土から飛び上がり、近くに置いてあった重機に降り立ちました。

【写真102】
重機の別の位置に移動しました。

【写真103】
そこで首を伸ばし、鋭い目で餌を探していました。
その内に餌を見つけたようで、飛び出して行きました。
そして、餌を捕まえて戻ってきました。
そして向こうを向いて食べ始めました。

【写真104】
足を見ると獲物を捕まえていますが、バッタのような気がします。
こっちを向いて食べるところを見せてくれよと念じましたが、結局見せてくれませんでした。
「チョウゲンボウ」は、綺麗好きのようです。
食後は嘴を下に擦り付けてきれいに磨きます。
今までに何度か見ました。
今もクチバシを擦り付けて綺麗にしています、下の写真をご覧になってください。

【写真105】
あ~美味しかった、と満足顔です。

【写真106】
そして、位置を変えて食後の一休みです。

【写真107】
一連の写真を見ると、「チョウゲンボウ」は重機をあまり気にしないみたいですね。
もしかしたら、共存しちゃうのかもしれません。
でも、工事が進んで原っぱが無くなったら、移動してしまうかもしれませんね。
【写真103】と【写真107】を見比べると面白いですね。
両方とも似たようなポーズですが、状況とポーズが少し違います。
【写真103】は、首を伸ばして鋭い目で、えさを探しているポーズです。
【写真107】は、餌を食べ終わって満足して、首を縮めてのんびり休憩ポーズです。
左の写真が【写真103】で右の写真が【写真107】です。

【写真108】
見比べると、なんとなくわかりますね。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました