(12/21) 今田遊水地( おいしい葦の穂綿 など )

今朝は用事で高倉地区に行きました。
用事を済ませて境川に出ました。
境川に出て、振り返って撮った高倉地区のパノラマ写真です。

【写真101】
境川沿いに水田地帯を歩いて今田遊水地を目指しました。
周りを見ながら歩きましたが、鳥が居ませんね、静かです。
ようやく遠くに「モズ」を発見。

【写真102】
もうすぐ今田遊水地と言う頃になって、ようやくカモに出会いました。
「ハシビロガモ」と「コガモ」です。

【写真103】

【写真104】

【写真105】
今田遊水地に着いて見回しましたが、更に静かになってます。
カモ類が数えるほどにしか居ないという雰囲気です。
どうしちゃったんでしょうね。
石組みの所に「ハシビロガモ」のメスが佇んでいました。
近くを「オカヨシガモ」のオスが泳いでいました。
し~んとした遊水地の中で、この2羽を何となく見ていました。
すると次の瞬間「オカヨシガモ」のオスが石組みに乗りあがって、佇んでいるメスの「ハシビロガモ」にキスをしました。
私にはそのように見えました。
「オカヨシガモ」のオスはすぐ下に降りて泳ぎ去りました。
突然のことで一瞬凍り付いたような感じでした。
慌ててカメラを向けて撮りましたが、「オカヨシガモ」のオスが恥ずかし気に去り行く姿しか撮れませんでした。

【写真106】
本当はどうだったんでしょうね。
いつもの所に「ゴイサギ」が佇んでます。

【写真107】
葦原も冬ですから、葦の穂綿が風に吹かれて水面を漂っています。
その穂綿を一生懸命食べている「オカヨシガモ」と「ヨシガモ」です。

【写真108】

【写真109】
林の上で「アオサギ」が南を向いてじっと物思いにふけっているようです。

【写真110】
「セッカ」が一瞬だけ姿を見せてくれました。
こんな写真しきゃ撮れませんでした。

【写真111】
今日も一面の青空に太陽が輝いていて、空気は冷たいけど体は暖かく気持ちよかった。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました