(12/7) 引地川湘南台地区(ツグミの目)

今このホームページを覗いたら、ちょうど累計 1000人目でした。
肌寒いけど良い天気です。
なんとなく、日向を選んで歩いてしまいます。
石垣の上の草むらに、何か動きを感じました。
すると、鳥が上に飛び出てきました。
「ホオジロ」のメスでした。

【写真101】
今日は「ホオジロ」に何度か出くわしました。
冬になると、石垣の上から「アオジ」がひょいと顔を出す場所があります。
今季はまだ一度も出くわしていません。今年はどうしたんでしょう。
顔を出さないかなと、石垣の上を眺めながらブラブラ歩いていました。
するとひょいと顔を出しました。
顔を出したのは、なんと「アオジ」ではなく「ツグミ」でした。
しかもすぐ近くです。
さらに近づいてパチリと撮りました。
こんなに近づいたのに逃げずにポーズをとってくれています。
これでノートリミングです。

【写真102】
この写真をトリミングして目を拡大して見ました。
すると、目に桜の木と青空が写っていました。

【写真103】
写真を撮り終わると、ヒョイヒョイと離れて行って、川の方に飛び出して行きました。
「ありがとう」
川の方を見ると鳥が横切って行きました。
あっ「チョウゲンボウ」だ。
桜並木で見にくいので、走って見えるところに移動しました。
気が付くのが遅かったこともあり、だいぶ離れて行ってしまいました。
後から朝の逆光の為、シルエットにしか写せませんでした。

【写真104】
横切る一種見た時、足に何かをつかんでいたような気がしました。
写真を見ると、確かに足に何かをつかんでいますが、なんだかよくわかりません、残念。
下を見ると、「セグロセキレイ」が伸びをしていました。
体は黒いけど、翼は白いのがわかりますね。

【写真105】
なかなか楽しい朝の川散歩でした。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました