(2/15) 引地川湘南台地区(イワツバメ偵察隊?)

夏鳥の「イワツバメ」が毎年この地区に来て、橋の下で繁殖して帰って行きます。
いつも楽しみにしています。
今朝、「イワツバメ」の偵察隊らしきものを発見しました。
3羽いたように思います。
本隊が来るのは3月頃かな。
かなり遠く、桜並木に見え隠れして撮りにくい。
ようやく下の3枚撮れました。
かなりひどい写真ですが、腰の白帯が写ってます。
「イワツバメ」のお腹は白いんですが、遠くて陰になっているため黒く映ってます。
斜め後方下から撮っているので、翼の幅が細く映っています。
そのため、翼が「ヒメアマツバメ」っぽいんですが、「イワツバメ」だと思います。
下の写真を見てください。
今季初見です。

【写真101】
秋山 孝

——コメント——

これは難しいですね。逆光なので実際の色がわからないんですけど、イワツバメはお腹が白いですよね。翼もヒメアマツバメっぽい感じ。どうですかね。
By:kazunaritt

——
そうなんですよ、微妙なんですよね。
発見した時、「イワツバメ」と思いました。
かなり遠かったんですが、証拠写真を撮ろうと直ぐカメラを向けました。
でも、猛禽類と違って動きが早く小回りが利くため、なかなか撮るのが難しいい。
やっと撮れたのがあの3枚です。
撮りにくくカメラを振り回しているうちに、いつの間にかいなくなってしまいました。
今から思えば、もっとよく肉眼で観察すればよかったかなと言う思いもあります。
ここでは、「イワツバメ」が子育てをしてたくさん飛び回っている時、たまに2~3羽の「ヒメアマツバメ」が混ざっていることがあるのでその可能性もあります。
本当のところはどうなんでしょうね。
秋山 孝
By:湘爺

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました