(2/25) 野鳥写真展のご案内

「湘南周辺で見られる野鳥」 写真展のご案内です。
場所は、湘南大庭市民図書館エントランスです。
期間は、3月1日(金) から 4月21日(日) までです。
主催は、湘南大庭野鳥写真同好会です。
今回の特集コーナーは「カワセミ」で、湘南カワセミクラブに全面的にお願いしました。
特集コーナー以外は、種類を多くするため種類がダブらないように集めました。
私も4作品出展しました。
規模は小さいですが時間のある時に、ぜひ見にいらしてください。
野鳥写真展について少し紹介します。
私が引地川をぶらぶら散歩している時に、たまたま出会った人が居ます。
その人に、写真展をやってるので参加しないかと誘われ参加しました。
その当時は、大庭市民センターのロビーを借りて写真展をやってました。
展示パネルなどすべて自分たちで設営し、展示期間は 1週間でした。
鳥の写真なら何でもよいと言うスタンスでやってました。
毎年やっていますが、私は2009年から参加しました。
この展示が、隣の大庭市民図書館の職員の目に触れたんだと思います。
大庭市民図書館から、大庭で見られる野鳥の写真展をしてほしいとの依頼がありました。
それで、2014年から市民センターをやめて大庭市民図書館に切り替えて開催することになりました。期間も 2か月ほどです。
図書館からの依頼なので、展示パネル等の設営は全て図書館側がやってくれます。
展示の名札も図書館側が作ってくれます。
こんな状況なので、写真も鳥なら何でもよいと言うわけにもいかないので、選別してます。
今日は図書館の休館日なので、写真の設営作業をやってきました。
今日から藤沢市の全図書館は、図書館システムを全面的に入れ替える作業を始めます。
入れ替え作業は2月いっぱいかかるので、図書館の再開は3月1日からです。
ですから、写真展も3月1日から開始することになります。
図書館システムを全面的に入れ替えるので、職員の人がコンピュータ作業がうまくできるか心配してました。
設営が終わって図書館から駐車場に歩いていると、特徴的な木の実らしきものがたくさん落ちていました。一つ持って帰ってきました。

【写真101】
特徴的だからすぐわかるだろうなと調べてみました。
すると 「モミジバフウ(紅葉葉楓)」 の実であることがわかりました。
直径3.5cmほどの大きな実で硬いです。
ずいぶん立派な実で、何かに使えそうですね。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました