(6/16) 引地川湘南台地区( チョウゲンボウ と コチドリ は仲良し?)

昨日は一日中強い風と雨で、すごかったですね。
そのせいで、悪い空気は飛ばされ、汚いものは流されてしまいました。
今朝、新聞を取りに外に出ると空は一面の青空で、東を見ると朝日のまぶしいこと。
朝日は元々まぶしいんですが、今朝の朝日は刺すようなまぶしさでした。
朝の川散歩に行きました。
風が結構あり、土手のブラブラ散歩の気持ち良いこと。
遠くで「ウグイス」が鳴く程度で、カメラを向ける対象が何もいません。
今日は、一度もシャッターを押すことなく帰るのかななんて思っていると、上空に怪しい影を発見。
あっ「チョウゲンボウ」だ。オスのようです。

【写真101】
桜並木があるため見え隠れして、撮りにくい。
桜並木越しに見ていると、鳥を追いかけて狩りをしているような感じもしましたが、良くわかりません。いつの間にか見えなくなってしまいました。残念。
再びカメラを向ける対処がなく、ブラブラ歩いていました。
すると向こう岸の、工事中の遊水地のはるか遠くの水たまりに、鳥が降りました。
一瞬でしたが、見た印象と直感で「チョウゲンボウ」だと感じました。
遠すぎて、肉眼では動かないと居るか居ないか全くわかりません。
カメラを向けて、目いっぱいズームしました。
風が強くて、伸ばしたカメラのレンズが風であおられて、なかなかファインダーにとらえられません。手持ち撮影ですからね。
ようやくファインダーにとらえました。
やっぱり、「チョウゲンボウ」のオスです。

【写真102】
かなり遠いところでズームを効かせ、風が強い中で手持ち撮影は厳しい。
水を飲み始めました。
もしかしたら、先程、狩りに成功して朝食を食べた後、水を飲みに来たのかもしれません。

【写真103】
体を震わせて羽を整えているようです。

【写真104】
そして、すべて終わって一段落したようで、首を縮めて一休みしているようです。

【写真105】
カメラで覗いていると、「チョウゲンボウ」の後ろを何か白いものが動きました。
あれっ何だ、よく見ると、な、なんと「コチドリ」じゃないですか。ビックリ。
猛禽類のそばに居て怖くないのかな。
それとも、仲良しなのかな。

【写真106】
後で、写真をよく見ていて気が付きましたが、【写真102】をよく見てください。
右上の水面に、「コチドリ」の姿らしき物が写っていますね。
「チョウゲンボウ」がバサッと飛び出しました。
さすがに「コチドリ」もびっくりして飛び出しました。
そして付近を旋回しました。

【写真107】

【写真108】
今日は、シャッターを押すことなく帰るのかなと思いましたが、満足満足で帰れます。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました