(6/23) 引地川湘南台地区(イソヒヨドリ など)

土手の石垣の上に家があります。
その家の雨戸の戸袋に「ムクドリ」が巣を作ります。
育った後、家主が戸袋の入り口をガムテープでふさぎました。
ガムテープを張ったのは、手を差し込む部分付近だけです。
一旦「ムクドリ」は巣を作らなくなりました。
でも、ガムテープも風雨で破れ、戸袋に入る場所は手を入れる部分だけではありませんから、鳥はどこからでも入れます。
今年は下の方から出入りして巣を作って、子育てをしてしまいました。
親が餌を運んで来て、いったん手すりに留まります。

【写真101】
雛たちが早く餌を頂戴と、戸袋の中で騒いでいるのが聞こえます。
子育て中の親は神経質です。
下で私が様子をうかがっていると、手すりに留まった親が気が付いて、さっと近くの木に移動してしまいます。
そして親が騒いで子供たちに警戒音を出すようで、警戒音と共に雛たちの鳴き声がピタッと止まります。
今日も親鳥に警戒音を発せられてしまいました。
しかし、戸袋から少し外に出ていて引っ込みそびれている雛が居ました。
そこを、カメラでかろうじて捕えられました。

【写真102】
川散歩では必ずここを通りますが、ついつい親鳥に遠慮して速足で通り過ぎます。
今日は、ようやく撮れました。
突然目の前に鳥が飛び込んできました。
逆光気味で鳥が影になって良くわかりませんでしたが、「イソヒヨドリ」と直感しました。
直ぐカメラを向けましたが、近すぎでカメラに収まらずあわててズームアウトして撮りました。
メスです。

【写真103】
これで三分の一以上ズームアウトのノートリです。
近いのに逆光気味で、あわててきれいに撮れず残念。
下に降りて餌を探し始めました。
「イソヒヨドリ」は結構人懐っこい気がします。
すぐには逃げません。
一定の距離を保ってそばにいます。
ちゃんと私を意識して見てます。

【写真104】
久しぶりだなと心の中で話していると、自転車が来たようで、さっと向きを変えて飛んで行ってしまいました。

【写真105】
家に帰って撮った写真のデータをパソコンに入れていると、庭からギイーっと「コゲラ」の鳴き声が聞こえてきました。
庭を見ると、「コゲラ」が木をつついています。
何処からか飛んできたようです。
逃げるなよと心に念じながら、急いでパソコンから入れ終わったSDカードを抜き取り、カメラにセットして庭に出ました。
急いでカメラを向けました。

【写真106】
右後頭部に、かすかに赤い色が確認できます。
オスのようです。

【写真107】
でも、すぐ飛び去ってしまいました。

【写真108】
何とか写真を撮らせてくれてありがとうと、お礼を言いました。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました