(7/8) 今田遊水地( 暴風の遊水地風景 )

昨日の夕方遅くに、少しだけ引地川湘南台地区を散歩しました。
そこで久しぶりに「ヤモリ」に出会ったので紹介します。

【写真101】
でも、桜の木の中に保護色でよくわからないですね。
角度を変えてズームインしました。
これでわかるでしょう。
久しぶりに見る姿です。

【写真102】
すさまじい豪雨が近づいてきているので、今朝は早めに川散歩に行ってきました。
早めに行ったので、今田遊水地の門はまだ空いていません。
まずは遊水地の土手側を散歩しました。
台風並みのすさまじい風です。
暴風にあおられて、おっとっとっとっと、危ない。
でも、白い雲がたくさんありますが、青空もあり太陽が輝いています。
「カルガモ」が居ました。カップルのようです。

【写真103】
「カイツブリ」も居ましたが1羽だけでした。

【写真104】
「カルガモ」と「カイツブリ」の写真を見ると、穏やかな遊水地と言う印象を感じるでしょう。
とんでもありません。
先に書いたように台風並みのすさまじい暴風が吹きまくっています。
水面は暴風により波立っていますが、水草地帯は水草が波立ちを吸収してくれるため穏やかになります。
そのため「カルガモ」も「カイツブリ」も水草地帯を選んでいるんですね、頭が良いです。
「アオサギ」は体が大きいから水草に隠れるわけにもいきませんね。
どこかに移動しているのかなと思ったら、葦原の中に避難していました。

【写真105】
もう一羽の「アオサギ」も葦原の中に避難していました。

【写真106】
でも、「ミシシッピアカミミガメ」は暴風を楽しんでいるようでした。

【写真107】
背景の水面が波立っているのがわかりますか。
暴風にカメラがあおられ、被写体を捕らえるのも結構大変です。
やっと被写体を捕らえても、手振れならぬ風ブレで撮りにくいこと。
写真は一瞬をとらえるので、ここまでの写真を見ても暴風らしさを感じないでしょう。
暴風らしさを感じてもらうため「カイツブリ」のビデオを撮ったので見てください。
風ブレがひどいので、乗り物酔いになりやすい人は見ない方が良いかもしれません。
【ビデオ101】
雨雲が近づいてきました。
ぱらついてきたので、急いで帰ります。
秋山 孝

——コメント——

今、見せて頂きましたが、103の写真はカイツブリ2羽写っているのではと思いました。
By:tomiko

——
えっ2羽?
【写真104】の「カイツブリ」ですよね。
この写真を見たときに、なんだか変な格好をしているなと思いました。
横向きに居るんだけど、上半身をこちら向きにしたのかなと、思っただけであまり深く考えませんでした。
写真をトリミングして拡大しました。

【写真201】
よく見てみると2羽かもしれませんね。
正面を向いている顔の左後ろにある黒いのが、お尻部分のようです。
右にある胴体は、正面を向いている「カイツブリ」の後ろに居るもう一羽の「カイツブリ」のようですね。
正面を向いている顔の右上をよく見ると、後ろに居る「カイツブリ」の頭が少し見えているような気がします。
そうですね、2羽いるようです。
よく気が付きましたね、指摘していただきありがとうございました。
秋山 孝
By:湘爺

——
あの2回も卵をアオダイショウに食べられてしまった、ペアさんでしょうか。
すごく仲がいいのですね。ピッタリ寄り添っているみたいです(^-^)
By:tomiko

——
そうです。
以前は「カイツブリ」はもっと居ましたが、今はこのカップルの2羽だけです。
こりずにまた生んでくれることを期待しています。
秋山 孝
By:湘爺

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました