(8/3) 引地川湘南台地区(蜘蛛の巣など)

猛暑酷暑が続いてますね。
今日は、統計開始以降最高気温を記録したそうです。
名古屋・岐阜・美濃で40.3度で最高記録更新です。
銚子電鉄は猛暑のため、線路が熱で伸びて8cmずれてしまったそうです。
そんな中、塩分チャージタブレットをなめながら、朝散歩をしてきました。
川を覗くと「キジバト」が水の中の石に乗って涼んでいるようです。
いつもは桜の木の中の枝に留まっているのに、暑さに耐えられなくなったようです。

【写真101】
更に、「カルガモ」も同じようです。
普段は川岸の砂利の上に座って休んでいるのに、砂利も暑そうで川の中のコンクリートに座ってます。

【写真102】
「ムクドリ」が川岸で水を飲んでました。
ズームして撮ってるので3羽しか写ってませんが、一列に並んで飲んでました。
水を飲まないと熱中症になってしまいますからね。

【写真103】
スクワットご夫婦が居たところに差し掛かりました。
今日は不在でした。
「ミンミンゼミ」が引っかかってた蜘蛛の巣を見ました。
先日と同じく「ミンミンゼミ」が2匹引っかかってました。

【写真104】
下のセミは先日のままのようです。
でも、上に引っかかってるセミは違います。
先日、上側のセミは蜘蛛に抱かれていて、おそらくどこかで食べられてしまったと思います。
でも、いま目の前に居る上側の「ミンミンゼミ」は足を動かしてもがいています。
これは先程蜘蛛の巣に引っかかったばかりのようです。

【写真105】
反対側から見ました。

【写真106】
ここに巣を張った蜘蛛は、頭が良いようですね。
セミが良く通るところを狙って張っているのかも知れません。
さて、先を急ごうと、ふと蜘蛛の巣全体を見ると、巣の下の方に蜂が引っかかってました。
引っかかったばかりのようで、暴れまわってます。

【写真107】
スズメバチの仲間のようです。

【写真108】
2cm程のサイズです。
これは「キイロスズメバチ」ではないかと思いますが、どうでしょうか。
しかし、暑いですね。
昨日テレビでやってましたが、「水中毒」って知ってますか。
猛暑で汗をいっぱいかくので、熱中症予防に水をガブガブ飲んじゃいますよね。
汗をいっぱいかいて体内の塩分濃度が下がった時に、水をガブガブ飲んじゃうと体内の塩分濃度が極端に下がってしまいます。
すると体が危険を察知して、塩分濃度を高めようと体内の水分を汗などで一斉に出そうとするようです。それで、逆に水不足で熱中症になってしまうようです。
ですから、水は一気にガブガブ飲むのではなく、適量チョコチョコ飲むのが良いようです。
もともと塩分濃度が下がっているので、塩飴などで塩分補給しながら水を飲む必要があります。
めんどくさいようであれば、経口保水液を飲むと良いかもしれません。
まだまだ猛暑が続くので、皆さん気お付けてください。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました