(6/25) 今田遊水地( メジロ の親子 など )

6月25日の朝、遊水地散歩に行ってきました。
曇り空でした。
「カイツブリ」のカップルが居ました。【写真101】

一羽が水草などを咥えて積み始めました。
【写真102】

巣作りを始めたような印象がありました。
昨年も、こんなオープンなところに巣を作りましたからね。
でも、しばらくすると止めてどこかに行ってしまいました。
巣作りの練習だったのかな。
「ゴマダラカミキリ」が居ました。
今日は五匹確認しました。
【写真103】

下に「カナヘビ」が居ましたが、私が気付くのが遅くて、草むらに逃げ込まれてしまいました。
ところが、草むらに入っただけでじっとして居ます。
そのため、尻尾が外に出たまんまです。
まさに、頭隠して尻隠さずです。

【写真104】

「ベニシジミ」が居ました。
【写真105】

うっかり見逃すところでした、「チョウトンボ」が留ってました。
メスのようです。
【写真106】

こちらは「モンシロチョウ」です。
【写真107】

あっ、「コミスジ」を見つけた。
よく見ると、目がチェック柄ですね。
【写真108】

「イタドリ」の群落の中に、何か動く気配がありました。
じっと待っていると「メジロ」が姿を現しました。
嘴の根元が黄色いので、幼鳥のようです。
【写真109】

 

【写真110】

すると、突然親「メジロ」が現れて、睨まれてしまいました。
【写真111】

甲虫が居ました。
「トウガネブイブイ」ではないかと思いますが、どうでしょうか。
【写真112】

「コフキトンボ」のメスです。
【写真113】

下流側の方から「カイツブリ」の声が聞こえてきました。
カップルで下流側に移動したようです。
【写真114】

【写真115】

さて、そろそろ引き上げて、東京方面へのアッシー君をせねば。

秋山 孝

——コメント——

 

NAO
親メジロ、確かに睨みが効いてますね。成鳥はやはり迫力がある!

湘爺

そうでしょう。

子供を守ろうとする親の迫力はすごいです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました