モズのはやにえ作り、タシギやジョウビタキ♀、アオジ

11月に入って大庭にも続々と冬鳥がやってくるようになりました。
いつもの場所にタシギも姿を見せ、ジョウビタキやアオジにも
会えるようになりました。
モズは長いものを咥えてきました。最初はミミズの大きいのかと
思っていましたが、「ヒバカリ」というヘビの幼体でした。
桜の枝に器用に吊るし、どこかへ飛び去りました。
翌朝、現場を見た時には見当たらず、食べてしまったのでしょうか。
小春日和が続き、みな元気よく活動しています。

長いものを咥えて降りてきました

器用に巻き付けています

はやにえを作っているようです

完成でしょうか この間3分ほどでした

枝に吊るし、どこかに飛んで行きました

咥えてきた時の最初の写真です これで「ヒバカリ」と判断しました

カルガモとタシギはこんなに大きさが違います

餌とりに忙しそうです

毛繕いを始めました

羽を広げました

長旅を終えてジョウビタキ♀が到着です

目がくりくりしてかわいいですね

あちこちと移動しています

だいぶ前から鳴き声が聞こえていましたが、やっと姿を見せてくれました

引地川沿いにもいました

+4

コメント

タイトルとURLをコピーしました