大庭 ジロボウエンゴサク、鵠沼 クサボケほか

そろそろかな、と、ジロボウエンゴサクが見られる大庭のお寺へ。
まだ2株だけでしたが、花を開いていました。
毎年楽しみにしている花です。

ヤマネコノメソウは「ネコの目」になり始め、
ヒトリシズカ、ナツトウダイは少しずつ咲き進んでいました。



そのまま台谷の方へ上がりました。
路傍にキランソウやマメカミツレが花盛りになっています。


なぜか、台谷はシロバナタンポポがたくさん見られます。
ちょっとした一画に10数株。
暖かな陽ざしを受けて、きれいに咲いていました。

テングチョウが飛んできて、近くに止まりました。
成虫で越冬するテングチョウ。
冬を乗り切って、元気です。

遊水地ではタチヤナギの花がどんどん咲いてきました。

グランドの縁にあるカツラの木も、蕾が赤く膨らみ、
枝の先端で最初の花が開いていました。

ベニシジミも飛んできました。
この春初めての出合い。

クサボケもたくさん咲いてきました。
小田急線がJRと交差する手前の土手。
市内ではなかなか花が見られないクサボケが、
ここでは毎年まとまって咲いてくれます。
暖かい1日。春の花をあれこれ楽しみました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました