大庭 モズの巣立ちビナほか

モズがネコに向かって激しく鳴きながら、追い払おうとしていました。
それを見ながら、ふと目の隅に動きを感じてそちらを探すと、
まだ小さな巣立ちビナが見えて、ビックリしました。
初見は4月の後半が多いので、今年はずいぶん早い感じです。

別の場所にも1羽いました。
親鳥がエサを持って来ないかな、としばらく待ちましたが、
他にもヒナがいるらしく、エサをくわえた親鳥は、
茂みの奥の見えない所へ入っていきます。

長居はよくないので離れよう、と思っていると、もう1羽目に入りました。
何とも小さな可愛いヒナ。
みんな元気に一人立ちしてね。

稲荷の林ではクヌギが花穂を伸ばしてきました。
ヤマグワもあちこちで花を付けています。


少し下流の川岸では、イタチハギが芽吹いて、つぼみが見えていました。
イタチハギは、花穂を伸ばすと黒々とした色なのに、
若いつぼみはきれいなピンク色で、意外です。

大庭へ出る前に寄った海岸で、ハマエンドウが咲いていました。
この時期、ハマダイコンはあちこちにたくさん咲いていますが、
ハマエンドウはなかなか見られません。

海岸の植物の代表、コウボウムギ。
元気にツンツンしていました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました