大庭 2か所目のルリビタキ ほか

大庭へ行くと時々立ち寄るお寺。
奥の方から、かすかにルリビタキらしい声がします。 
「ここにも来ているんだ!」と様子を見ていると、だんだん声が近くなって、
ピョンと、出て来てくれました。
大庭で2か所目の確認。
メスだと思ったのですが、もしかしたら若オスだったりする?
しばらく、近くをチョコチョコ動いてくれました。



境内ではミモザがきれいに咲いて、辺りが明るく輝いていました。

城址公園では、ミツマタの花、アンズの花。


アンズの花には、さっそくメジロが来て、
花から花へ元気に動きながら、美味しそうに蜜を吸っていました。

シラカシのドングリがたくさん落ちている一画では、
リスが次々に拾ってはモグモグ。  夢中で食べていました。

長久保公園では、サンシュユの花が咲き始めていました。
次々に新しい花が咲いてくる、楽しい季節です。

エナガは群れを解消して、ペアーで動いていました。
幹に付いたコケを取ったり、
白いフワフワの綿毛のようなものをくわえたり。
もう、どこかで、巣作りを初めているようです。

——コメント——

アンズの花か、思い出すな。
娘が生まれたときに、親父に名前をどうしようかと相談しました。
女性だから花の名前なんかが良いのかな、と私が言いました。
すると親父が、そうだな「アンズ」なんてどうだ、と言いました。
それでいいよ、それにしよう、杏子にしよう。
親父がなぜ「アンズ」と行ったか覚えてませんが、いとも簡単に決まってしまいました。
懐かしいな。
秋山 孝
By:湘爺

——
まあ、アンズの花、湘爺さんには、特別なお花だったのですね。 (*^_^*)
人には色々、懐かしい、思い出のある花って、ありますよね。
By:tomy

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました