江の島 キビタキの囀りほか

そろそろ夏鳥がきているのでは、と江の島へ。
恋人の丘へ向かう途中の裏参道で、
頭上からキビタキの声が響いてきました。
一生懸命探すことしばし。
チラリと黄色が目に入ったのですが、撮影できないうちに移動。
それでも、今年初めての軽やかな囀りを楽しみました。
今日は他に夏鳥の姿は確認でず。
冬鳥のヒドリガモはまだ10数羽の群れが残っていました。

児玉神社から下る階段で、
2センチ足らずの細い細い虫が、ヒョロリ、ヒョロリと動くのが目に入りました。
近づいてよく見ると、ナナフシモドキの赤ちゃん。
何て小っちゃくて可愛いのかしらと、しばらく見つめてしまいました。

帰路、長久保公園前の引地川に、
頭の真黒になったユリカモメが1羽。
他にお仲間は見えず、1羽でたたずんでいました。

ユリカモメを見ていると、
近くにツバメが降りてきて、巣材集め。
土を口いっぱいに咥えて、飛んでいきました。
どこで巣作りかな。頑張ってね。

長久保公園では夏鳥は確認できず、
アカハラがちょっと姿を見せてくれました。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました