(12/8) 湘南台公園( ハシブトガラス など )

今日は茅ヶ崎方面に用事があるので、朝の川散歩はできません。
仕方がないので、湘南台公園を軽く散歩しました。
家を出て駅前のスタバでモーニングコーヒーを楽しんで、湘南台公園に向かいました。
スタバを出てちょっとすると、カラスの鳴き声が聞こえてきました。
見上げると街灯に「ハシブトガラス」が留まってました。
しかも下弦の月とのツーショットです。
急いで散歩カバンからコンパクトデジカメを取り出し撮りました。
鳴いてくれると良かったんですが、すぐ飛び去ってしまいました。

【写真101】
湘南台公園の入り口に到着しました。
下に「ハシブトガラス」が居ました。
公園の中に入っていけば距離が縮まるので、当然飛び去ると思っていました。
でも、飛び立たずに軽く飛び跳ねながら少し移動するだけです。
私が近づけば少し移動する。
なぜ飛ばないんでしょうね。
どこか体の調子が良くないのかな。
お母さんとよちよち歩きの子供が近くに居ました。
子供がカラスに興味を持って近づいて行きます。
よちよち歩きの子供がカラスに近づいちゃ危ないので、普通お母さんは子供を抱きかかえて安全を確保しますよね。
でも、何もしません。
カラスは子供が近づいてきたので、また少し移動します。
どうしたんでしょうね。見た目どこも悪くなさそうですけど。
私が行く道に居るので、そちらに行こうとしてようやく飛びました。
でも、飛ぶのはちょっとだけで木の枝に留まりました。
どうしたんでしょうね。
その「ハシブトガラス」がこれです。

【写真102】
顔つきが何となく子供っぽいですね。
まだ幼鳥で、物事をあまりよく知らないのかな。
口の中が赤ければ幼鳥ですが、口をあいてくれませんでした。
更に歩いていくと芝生の所に「ドバト」が居ました。
いつものよく見る光景です。
歩いていて距離がかなり近くなりました。
飛び立つかと思ったら、のそのそ歩いて移動しました。
何か変だな。
わざともう少し近づきました。
すると、ほんの少し移動してうずくまってしまいました。
近づいても動く気配がありません。
見ると、何か変です。
左の翼は普通に折りたたんでいるようです。
でも、右の翼は何か変です。
折りたたんだ翼が丸く少し浮いている印象があります。
そして、体が左側に少し傾いているような印象もあります。
その姿がこれです。

【写真103】
右の翼をけがしているのかもしれません。
何となく元気がありません。
以前、湘南台公園にナラ枯れの木が2本あり、伐採処理されていると紹介しました。
その切り株を見に行きました。
それがこれです。

【写真104】

【写真105】
危ない木がもう一本あります。
まだ枯れてはいませんが、根元付近はこんなに粉を吹いています。
「クヌギ」でしょうか。

【写真106】
空を見上げると青い空に緑の木、風が気持ち良いこと。

【写真107】
ふと木を見上げました。

【写真108】
よく見ると、白い実らしきものがたくさんついています。
トリミングして拡大しました。

【写真109】
分かりずらいですが、白い実らしきものがたくさんついているのがわかりますか。
何だろうと思って木を回ってみると「センダン」でした。

【写真110】
「センダン」の実は薬用に使われるそうですね。
さて、そろそろ帰らねば。
秋山 孝

——コメント——

この日はいつもと違う出会いと物語ですね‥私は今日一日忙しかったので、カラスさんやハトさんのお話を読んで、なんだかほっと、疲れが消えていく感じを味わっています!
By:misakotn

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました