(3/13) 今田遊水地( ヒメアマツバメ など )

朝の散歩に行ってきました。
「カワセミ」が飛び込んで、何かを咥えてきました。

【写真101】
写真を拡大してみたら、咥えているのはエビでした。
突然上空に5~6羽の鳥が飛びまわり始めました。
最初「ツバメ」かと思いましたが、翼の形、腰の白帯、のどの白、黒いおなかです。
これは間違いなく 「ヒメアマツバメ」 ですね。

【写真102】

【写真103】
あっという間に飛び去ってしまいました。
「ヒメアマツバメ」 らしい翼を撮りたかったんだけど、残念。
「ヒメアマツバメ」 は留鳥ですが、数が少ないようであまり見かけませんね。
tomy さんが 「ヨシの中のセッカが時々手前へ出て来てくれました」 と紹介していました。
そうなんですよ、ここの 「セッカ」 はよく見えるところに出て来てくれるんですよ。
今日も草むらをうろうろしていた 「セッカ」 が、開けたところに出てきてポーズをとってくれました。

【写真104】
しかも近いところです。
トリミングして顔のアップを紹介します。

【写真105】
「コガモ」 のカップルが居ました。
もっと寄り添えばよいのにね。

【写真106】
今度は 「ハシビロガモ」 のカップルです。

【写真107】
「コガモ」 も 「ハシビロガモ」 も、オスはのんびりしてますね。
遠い葦原に 「オオジュリン」 を発見。
撮りましたがピントが合わせられず、撮り直そうと思ったら逃げられてしまいました。
ピンぼけの証拠写真です。

【写真108】
すぐ近くで 「オカヨシガモ」 がうたた寝をしていたので撮りました。

【写真109】
その時は気が付きませんでしたが、後でよく見ると足が写っています。
でも、なんだか変な感じがします。
足部分をトリミングして拡大しました。

【写真110】
黄色いのは足の指だと思いますが、黒いのは何でしょうね。
うたた寝をするときは、足は体の中に折りたたんで仕舞っていると思うんですけど。
もしかしたら、黒いのは何かのロープで足に絡まってしまっているために、足を折りたためないのかもしれませんね。
水中の草を食べるために逆立ちをして足を出している写真を探しました。

【写真111】

【写真112】
これを見ると足は黄色で黒っぽいものはないですよね。
もしかして、足の指と指の間にあるひれの折りたたんだ部分かな。
でも、黒くはなくて黄色いような気がしますが、どうなんでしょうね。
もし足に黒いロープが絡まっているんだとしたら、ちょっと厳しいですね。心配です。
秋山 孝

——コメント——

足の黒い部分は、合鴨を飼った事があるのでそうだと思うのですが、湘爺さんの仰るとおり水かきのひれの部分だと思います。
By:アロポン

——
アロポンさん
やはりヒレでしたか。
足も指もヒレも見えているところは黄色いので、ヒレの裏側も黄色いものと思い込んででいました。
それと、足も指も、うたた寝の時はきちんと折りたたんで体の中に仕舞って見えないと思い込んでいました。 そのため、指が外にだらしなく出ているとは思いませんでした。
それで、そばにある黒いものはロープか何かの切れ端で、指に絡まってしまったのかなと思ってしまいました。
足の指と黒いものをさらに拡大して何度も見ているうちに、ヒレのような印象が強くなってきました。 でも、ヒレは黄色いという思いがあって、ロープから抜けきれないでいました。
そうか、やはりヒレでしたか。
アロポンさん、ありがとうございました。
これで安心して寝れます。(笑)
秋山 孝
By:湘爺

——
@湘爺さま
返信ありがとうございます!家で飼っていた合鴨の足の指と水かきは同じ色でしたが、眠っている時、普通に足を出していました。湘爺さんは、時々傷ついた鳥に遭遇されているので、心配されたのですね。優しいですね。
By:アロポン

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました