(4/27) 今田遊水地(アオサギが抱卵しない など)

4月27日、朝の遊水地散歩に行ってきました。
薄雲が少しありますが、まあまあ良い天気ですね。
時々薄雲が太陽を隠しますが、その時はうすら寒いですね。
遊水地に到着してみると、水位がいつもより少し低いです。
水深が浅いところは、水底の土がむき出しです。
そこを「コガモ」が土をすくって食べ物を食べているようです。

【写真101】
土がむき出しになっているのは水深の浅い一部だけです。
「ダイサギ」が居ます。
もう夏羽に変わっていて、くちばしは黒く目元は緑色です。

【写真102】

【写真103】
水草の「ヒシ」の間を「バン」が泳いでいました。
夏になるとこの「ヒシ」が一面に広がるんですよね。

【写真104】
「コガモ」のオスが水浴びをして羽ばたきました。

【写真105】
「カイツブリ」が居ました。
よく見ると、足を水面に出していました。

【写真106】

【写真107】
今度は「コガモ」のメスが、水浴びをして羽ばたきました。

【写真108】
「アオサギ」の巣の所に行ってみると、巣はもぬけの空でした。
どうしたんでしょう。

【写真109】
拡大して見ましたが、巣の周りが盛り上がっていて中は全く見えません。
卵は無事かな。

【写真110】
「ハシビロガモ」のオスがうずくまってました。

【写真111】
そばで「コガモ」のオスもうずくまってました。

【写真112】
あっ、巣に「アオサギ」が戻ってきました。
朝食中だったのかな。

【写真113】
巣のそばに別の「アオサギ」が来ました。
すると巣に居た「アオサギ」が飛び出して、追い払うために追いかけました。

【写真114】
他の「アオサギ」を追い払って巣の上に降りるのかと思ったら、葦原の中に降りました。
そして葦原の中から、のそりのそりと巣に戻ってきました。

【写真115】

【写真116】

【写真117】
巣の手入れはしますが、突っ立ったままです。

【写真118】
立ったままで、一向に抱卵体勢になろうとしません。
どうしたんでしょうね。
そのうちに立ったままうたた寝のような姿勢です。

【写真119】
しばらく様子を見ていましたが、卵を温めようとしません。
仕方がありません、そろそろ移動しましょう。
どうしたんでしょう、卵に何かあったのかな、心配です。
近くの手すりに「ムクドリ」が止まりました。
普通種のようです。

【写真120】

【写真121】
「アオサギ」の卵が心配ですが、そろそろ引き上げましょう。
秋山 孝

——コメント——

カイツブリ、片足だけ水の上に上げていて、よくバランスが保てますね。
人間なら姿勢を保つ為にバタバタすると思います。
アオサギの卵、心配です。
By:NAO

——
NAOさん、コメントありがとうございます。
「カイツブリ」は水中から足を外に出して、何してるんでしょうね。
この後、後ろに向けていた足を前に出しました。
何なんでしょうね。
その写真を紹介します。

【写真201】

【写真202】
「アオサギ」の卵、心配ですよね。
増水で巣は浮きましたが、卵は水の中に浸っていた可能性があります。
それによる影響が心配です。
秋山 孝
By:湘爺

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました