(5/3) 遠藤地区( キビタキ ) など

今日は、藤沢サンクチュアリの作業を行いました。
10人も集まり、作業がずいぶんはかどりました。
作業が終わり、出口に向かって歩いていました。
次回の作業の確認で、リーダーが竹林に寄り道しました。
私は入口で、盛土を眺めていました。
ここに野兎が現れたと聞いていたので、居ないかなと見回していました。
ふと竹林の方に向き直りました。
すると、竹林の方から鳥が飛んできました。
そして、そばにあるお墓を囲むブロックの角に留まりました。
あっ、「キビタキ」 だ。
周りは開けて何もなく、竹林を背景とする絶好のポジションです。
そこに黄色に輝く「キビタキ」がポーズをとっています。
私からの直線距離は10メートルほどの近距離です。
絶好の撮影チャンスです。
竹林を背景の素晴らしいズームアップ写真が撮れます。
でも、私が手に持っているのはカメラではなく、チェーンソーです。
腰にぶら下げているのは、ノコギリと枝切りばさみです。
これではどうしようもありません。
目に焼き付けるしかありません。
それにしても輝く黄色がきれいです。
堪能させてもらった後、すっと奥に引っ込みました。
こういう時に限って、カメラを持ってないですよね。
夕方、「ツバメ」 の巣を覗いてきました。
抱卵中でした。

【写真101】
脱皮中の「ヨコヅナサシガメ」が居ました。
脱皮が80%程完了してます。
横からです。

【写真102】
背中側からです。

【写真103】
「アゲハチョウ」が居ました。

【写真104】
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました