(7/19) 引地川湘南台地区(アオダイショウとアブラゼミ)

午前中は病院に行ったため、朝の川散歩はできませんでした。
夕方は相撲を見るため、散歩はできません。
それで、昼に軽く散歩しました。
こんな時間帯に撮るものも無いと、カメラは出しませんでした。
橋を渡ろうとすると、な、なんと、足元に 「アオダイショウ」 が居るじゃありませんか。
あわてて散歩かばんからカメラを取り出しました。
「アオダイショウ」 もびっくりして逃げました。
そのため、何とか撮れた一枚がこんな写真でした。

【写真101】
証拠写真にはなりますかね。
人通りの多い橋のたもとに、まさか 「アオダイショウ」 が居るとは夢にも思いませんでした。
途中で、電話を一本かけました。
電話しながら、ふと、目の前の桜の木を眺めました。
すると、な、なんと、目の前の桜の葉に「アブラゼミ」が留まっているではありませんか。
本当に、目の前です。
急に、気もそぞろになり、相手との話に集中できません。
逃げるなよ逃げるなよと念じながら、電話を何とか早めに切り上げました。
急いでカメラを向けて撮りました。
待っててくれてありがとう。

【写真102】
今季、初めて見る「アブラゼミ」の姿です。
ズームアップ。

【写真103】
そろそろ、相撲を見に帰ろう。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました