(8/11) 引地川湘南台地区(ヒヨドリ ほか)

朝から暑いですね、川風もない。
うっかり麦わら帽子をかぶってくるのを忘れてしまいました。
ま~、ぶらぶら散歩してきましょう。
「ミンミンゼミ」が居るなと思ってカメラを向けようとすると、近くに「アブラゼミ」も居ました。
鉢合わせしたようです。

【写真101】
「ミンミンゼミ」が鳴きながらじりじり迫りました。
「アブラゼミ」は気が弱いようで、たまらず飛び去りました。
ちょっと遠かったけど「カワセミ」が居ました。
何度か鳴き声が聞こえていたので、どこかで会うなと思ってました。

【写真102】
キョロキョロしながらブラブラ歩きをしていると、ヒ~ヒ~と鳴きながら後ろから飛んで来て目の前の桜の枝に留まりました「ヒヨドリ」です。

【写真103】
鳴き続けていて、最初、親を探す子供かと思いました。
でも、よく見ると青虫を咥えています。
子供ならすぐ食べちゃうので、親のようです。
あちこちを見回してキョロキョロしています。

【写真104】
どうも、子供に与えるえさを咥えて戻ってきて、与える子供が見当たらず鳴きながらキョロキョロさがしているようです。
私も、周りをキョロキョロして探しました。
居ました、これが子供じゃないかな、急いでカメラを向けました。

【写真105】
羽がまだきれいにそろっていないような印象で、子供のようです。
親も気が付いたようです。
でも、子供は親に気が付いていないのか、お腹が空いていないのか、飛び出して行ってしまいました。
親もあわてて、追いかけて飛び出していきました。
その後、どうなったか興味がありますが、知る由もありません。
ソロソロ引き上げましょう。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました