(8/24) 引地川湘南台地区( コガモ再び など )

朝の川散歩に行ってきました。
雨雲が去った朝は、暑いですね。
暑いけど、空の雲は秋の雲になってきました。
「アオサギ」が居ました。
首を下げた姿勢でじっとして居ました。

【写真101】
暑いんですね、「キジバト」が水浴していました。

【写真102】
しかし静かです。カメラを向ける対象が居ません。
先程「アオサギ」を撮りましたが、向ける対象が居ないので、また撮っちゃいました。
今度は若造の「アオサギ」です。

【写真103】
顔をズームアップしました。
先程の「アオサギ」は大人の落ち着いた顔付をしていましたが、この若造は冠羽がまだなく血気盛んな眼をしていますね。

【写真104】
本当に静かです。
シャッターを押すこともなく、そろそろ朝の散歩も終わりに近づいた時です。
ん、向こう岸に何か居る。
急いで近づいて行きました。
あっ、「コガモ」だ。
8月10日に紹介した、左の翼を負傷した「コガモ」かも知れません。

【写真105】
あれっ、何か変ですね。
右足を浮かしたままです。
普通、両脚で立つか、片足で立つ時はもう一方の足はお腹の中に抱え込みます。
写真を見ると右足を痛めていて、下に着けられなくて浮かしているという感じですよね。
それともう一つ、折りたたんだ右の翼の一部が何か変な感じです。
良く見えるように先に進んで別の角度から撮りました。

【写真106】
やはり右の翼の一部が変です。
トリミングして拡大しました。

【写真107】
羽が一部抜け落ちたんでしょうかね。
浮かした右足と、右の翼の羽の抜けた部分に気を取られていて、気が付きませんでした。
家に帰って【写真105】をよく見てみると、左の翼が少し垂れ下がっているように見えます。
トリミングして拡大しました。左の翼がすっこし垂れ下がっているのがわかりますか。

【写真108】
やはり8月10日に紹介した手負いの「コガモ」に間違いなさそうです。
8月10日の「コガモ」と今日の「コガモ」を並べてみました。

【写真109】
8月10日の「コガモ」の右足はしっかり下に着いています。
左の翼はどちらも垂れ下がっていますね。
8月10日の「コガモ」と今日の「コガモ」の右の翼部分の比較です。

【写真110】
8月10日以降に右の翼部分を負傷したようですね。
もしかしたら、右の翼を負傷した時に、右足も痛めてしまったのかもしれません。
一体、何があったんでしょう。
何とか生き延びろよと声をかけて、その場を離れました。
そろそろ引き上げようとしたら、向こう岸の犬走りに「ハシボソガラス』が居ました。
子供かな、幼い顔付をしています。

【写真111】

【写真112】
ずいぶん暑くなってきました。
そろそろ引き上げます。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました