(8/27) 今田遊水地( バン の幼鳥 )

今朝も川散歩してきました。
真っ白な雲がたくさん浮かんでいます。
太陽がちょくちょく雲に隠れるのでいくらか楽です。
でも、暗く怪しい雲もあります。
ぶらぶら散歩を始めると、一面の水草の中に何か動くものを発見。
カメラを向けて、目いっぱいズームイン。
あっ、「バン」の幼鳥だ。

【写真101】
やはり卵を産んで孵化し、幼鳥になっていたんだ。
7月29日に、ここに「バン」のカップルが居ることを紹介しました。
紹介した時の写真がこれです。

【写真102】
それ以降見かける「バン」は1羽だけでした。
カップルだったのに1羽だけですと紹介した写真の一つがこれです。

【写真103】
この写真はここに「クサガメ」が居ることを知った記念すべき写真でもあります。
カップルだったのが1羽だけになったので、どこかに巣を作って卵を産み、交代で卵を温めている可能性があるなと思いました。
ところが、あるときからぱったりと「バン」を見かけなくなってしまいました。
どうしたんだろう、どこかに移動してしまったのかな、と心配していました。
そうか、見かけなくなったころに卵が孵化したのかな。
「バン」は警戒心が強い方なので、ヒナが生まれてさらに警戒するようになったのかもしれません。
雛に餌を与えるために葦原の中を移動し、外から見えないようにしていたのかもしれませんね。
「バン」の幼鳥の姿はめったに見られませんので、感激です。

【写真104】

【写真105】
やはり警戒心が強いですね。
すぐ葦原の中に入ってしまいました。

【写真106】

【写真107】
「コチドリ」の幼鳥が居るのを何度か紹介しています。
今日もいました。

【写真108】
カメラから目を離すと、「コチドリ」の幼鳥が2羽すすすす~っと出てきました。
何だ3羽居たんだ。

【写真109】
飛び出しました。
すると、近くからもう1羽が飛び出しました。
結局全部で4羽の幼鳥が居たようです。
飛んで行って上流側の犬走に降り立ちました。
散策しながらそちらの方に歩いていくと、犬走にある程度の間隔をとりながら4羽が居ました。
その中の1羽が何か弱弱しそうな印象がありました。
写真に撮って見ました。

【写真110】
4羽の中での末っ子のようですね。
【写真108】の幼鳥と見比べると違いが判ると思います。
一通り散策してそろそろ引き上げようかなと思って居ると、葦原越しに動くものを発見。
カメラを向けてズームすると、「バン」の幼鳥じゃないですか。
葦原越しなのでピンボケですがわかりますよね。

【写真111】
すぐ見えなくなってしまいました。
引き上げる前に今田管理センターに寄って、缶コーヒーを飲みながら涼んでいました。
すると、突然すごい音ともに豪雨です。ビックリ。
叩きつける雨です。
窓越しに見ていた遊水地がかすんでいます。
良かった、外に居るときにこの豪雨に会ってたら、傘を持っていないのでびしょぬれでしたね。
最初に見た薄暗い雲が発達したのかもしれません。
雨が一段落したすきに、帰りました。
秋山 孝

——コメント——

バンはアオダイショウからの攻撃から逃れたのですね!よかったですね。もうこんなに大きいということは7月29日にはすでに抱卵していた!ということでしょうか?
By:misakotn

——
「バン」は「カイツブリ」と違って大きいので、「アオダイショウ」が来ても撃退しちゃうんでしょうね。
「バン」は、孵化後のヒナは成長が速い早成性と聞きますが、それにしても、もうこんなに大きいんですよね。
カップルを見たときには、もう抱卵していたのかな。
それとも、別のカップルのヒナかな。
秋山 孝
By:湘爺

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました