海岸 ビンズイ、大庭 ヤマネコノメソウなど

海岸の松林に来ているビンズイ。
今日も10羽ほど見られましたが、
2羽が林と林の間の道の脇にできた、水たまりに来ました。
あまり見ない場所です。
じっとしていると、すぐそばまで来てくれて、嬉しくなりましたが、
ちょっと身動きしたとたんに、林の奥に飛んでいきました。


川沿いに大庭へ向かうと、高山橋の脇に今日もゴイサギが来ていました。
若鳥1羽と成鳥1羽。最近よく見かけます。
昼間のお休み所になっているようです。


ヤマネコノメソウが咲き始めていないかしらと、大庭のお寺へ。
ほんの2,3株でしたが、花を付けていました。
見られる場所が限られていて、楽しみにしている早春の花の1つです。

近くにハナダイコンもチラホラ開花。
ミモザもたくさん花を付けて、辺りを明るくしていました。


少し前になりますが、21日に植物の活動で出かけた少年の森で
セントウソウも咲き始めていました。
やはり見られる場所が限られている、早春の小さな小さな花。
春一番早く咲く、ということで「先頭」の名前が付いたという説も。

少年の森周辺の田んぼを歩いていると、
「ジェイ」と濁った声を出して、水路からタシギが3羽飛び出しました。
下りた先を確認して、そっと覗いてみると、
1羽だけ水路の真ん中に佇んでいました。
ここでタシギを見るのは初めてでした。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました