観察会報告 植物

気がかりだった台風は、あまり見たことのないようなコースをたどって南へUターン。
台風一過の青空、とはなりませんでしたが、
のんびり歩くにはちょうど良い、心地よい気候です。
初参加の方も来られて、ご一緒にあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ、
この時期らしい花や実を楽しみました。
花や実の見られた植物
ミゾソバ、セイタカアワダチソウ、ヨシ、ヒヨドリジョウゴ、ヒメムカシヨモギ、ミズヒキ、クワクサ、オニタビラコ、アキノノゲシ、オニノゲシ、ススキ、ヒメジョオン、ダンドボロギク、ノコンギク、ミツバアケビ(実)、ヌカキビ、ウシハコベ、
スズメウリ、ツユクサ、ハシカグサ、ムラサキシキブ(実)、アメリカセンダングサ、コセンダングサ、アレチウリ、カタバミ、カナムグラ、ユウゲショウ、オオイヌタデ、イヌタデ、オオバコ、ジュズダマ(実)、セイヨウタンポポ、アメリカタカサブロウ、アキノウナギツカミ、カントウヨメナ、ヒレタゴボウ、ブタナ、チカラシバ、ハキダメギク、キクイモ、マルバルコウ、など
写真に撮ったものからこの時期らしいものを少し
あちこちで咲き始めたミゾソバ

よく似た花ですが、葉の形が違う、アキノウナギツカミ

裏門公園の縁に咲いていたヒヨドリジョウゴ

熟すと白くなる、スズメウリの若実。

田んぼの畔に咲いていたカントウヨメナ

観察会では遊水地まで行きませんでしたので、観察会の前後、
遊水地や田んぼで見られたものを付けたします。
木道脇で、イシミカワ、ノブドウ、ノイバラの実がきれいに色づいていました。



木道に、顔まで真っ赤になったナツアカネが止まりました。

木道脇で赤く実っていたヘビイチゴの実

薄ピンクで中心が濃い色。小さな花ですが、ちょっと素敵なホシアサガオ。

帰路の農道で、ハッカが一群れ花をつけていました。

——コメント——

観察会の日はぐんぐんお天気が回復して、澄んだ青空が広がりましたね!そんな中でミゾソバとアキノウナギツカミの区別を楽しく学びました。ヒヨドリジョウゴは花期が長い。スズメウリの大きな群生にはビックリしました。青い実、紫の実、赤い実‥秋は華やかですね。素敵な写真いつもありがとうございます!
By:misakotn

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました