(5/10) 一人探偵団観察会報告(遠藤地区)

2020年5月10日は大庭自然探偵団の自然観察会の予定でしたが、新型コロナウィルス対応で中止となりました。
これも寂しいので、自分一人の一人探偵団をすることにしました。
一人探偵団をしていると、二人探偵団に出くわしました。
さらに、中止を知らないで来る人が居るかもしれないので、集合場所で待機していると、私と同じように一人探偵団で来た人が居ました。
その結果、一人探偵団二組、二人探偵団一組の合計4名になりました。
そろそろ帰ろうと谷戸底に行くと、どなたか下を向いてカメラをいじっている人が居ました。
あの体系に顔つき、もしや団員?
声をかけると、こちらを向いた顔は団員でした。
観察会は中止なので、ゆっくり遅い時間に一人探偵団で来たそうです。
結局、一人探偵団三組、二人探偵団一組の合計5名と言うことになりました。
もちろんマスクにソーシャルディスタンスです。
今日見聞きした野鳥は以下の12種でした。
シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、コチドリ、カルガモ、メジロ、
スズメ、ムクドリ、キジ、キビタキ、コゲラ。
虫などの主なものは以下の通りです。
ヒメウラナミジャノメ、ナナホシテントウ、チャバネセセリ、キバラヘリカメムシ、
クワゴマダラヒトリ、シマアメンボウ、コセアカアメンボ、アシブトハナアブ、
ヤマトシリアゲ、アカボシゴマダラ、ゴホントゲザトウムシ
その他
シマヘビ、ミスジマイマイ
写真に撮れたものを順番に紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ヒメウラナミジャノメ」です。
翅の裏の模様も綺麗ですね。

【写真101】
あちこちで見られる「ナナホシテントウ」です。

【写真102】
「チャバネセセリ」です。

【写真103】
「タケノコ」がニョキニョキ出ていました。

【写真104】
鳥がなかなか出てきません。
仕方がないので、遠くの木のてっぺんに居た「ヒヨドリ」を撮りました。

【写真105】
「キバラヘリカメムシ」です。

【写真106】
水場で「コチドリ」のカップルらしきのが居ました。
後ろに見える茶色は、光と土の加減で水が茶色に見えてます。
この後、鳴きながら2羽で飛び回っていました。

【写真107】
この毛虫を調べてみました。
「クワゴマダラヒトリ」の幼虫じゃないかと思いますが、どうでしょう。

【写真108】
小さい蜘蛛が居ましたが、何でしょう。

【写真109】
「カルガモ」が水場で食事のようです。

【写真110】
「キジ」が居ました。
久しぶりに見る姿です。

【写真111】
「シマアメンボウ」を撮りましたが、ピントが甘すぎる。

【写真112】
こちらは「コセアカアメンボ」だと思います。

【写真113】
これは「アシブトハナアブ」だと思います。

【写真114】
「ミスジマイマイ」です。

【写真115】
「ヤマトシリアゲ」のメスでしょうか。

【写真116】
高い木の上の方に蝶が留まりました。
葉が邪魔で見にくいです。
「アカボシゴマダラ」の春に羽化する白化した個体ではないかと思いますが、どうでしょうか。

【写真117】
この奥から「キビタキ」らしきさえずりが聞こえていましたが、どこに居るのかわかりませんでした。

【写真118】
「ゴホントゲザトウムシ」だと思います。

【写真119】
こんな探偵団も、なかなか面白いです。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました