(6/10) 大庭自然探偵団観察会報告(大庭地区)

2018年6月10日、大庭自然探偵団の自然観察会が行われました。
今回の観察地は大庭地区です。
今日見聞きした野鳥は以下の16種でした。
カルガモ、アオサギ、オナガ、チョウゲンボウ、キジバト、
ムクドリ、シジュウカラ、カワラヒワ、ハクセキレイ、
ハシボソガラス、イワツバメ、ウグイス、スズメ、ハシブトガラス、
ヒヨドリ、オオヨシキリ。
解散後、皆で散策中に ホトトギス が鳴いたので合計17種になりました。
昆虫の主なものは以下の通りです。
キアシナガバチ、アオオビハエトリ、ショウリョウバッタ、モンシロチョウ
植物は宜しくお願いします。
写真に撮れたものを中心に観察会の様子を紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天気予報では日曜月曜火曜は梅雨による雨で、強く降るので注意してくださいと報じていました。
でも、私は全く気にしていませんでした。
日曜日は探偵団の観察会で、天は観察会の邪魔はしませんから。
いよいよ今日は大庭自然探偵団の観察会です。
天気予報では朝から雨になっています。
でも、今日は観察会なので、降りそうでも雨は降っていません。
集合場所に行くと、次々と参加者が集まってきました。
リーダーが双眼鏡で鉄塔の上を眺めています。
何を見てるのか聞くと、「チョウゲンボウ」の親子らしきのが居ると言います。
すると、親らしきのは飛び出し子供がじっとしています。
ちょっと遠くてはっきりしませんが、確かに「チョウゲンボウ」です。

【写真101】
観察会開始のあいさつをして、まず裏門公園から観察開始です。
裏門公園の覗き窓から中を覗いて、観察する参加者たちです。

【写真102】
裏門公園の中は静かで、生き物の気配を感じませんでした。
覗き窓の塀にアシナガバチが居るので注意の声が聞こえました。
居ました「キアシナガバチ」です。
歯で木をガリガリ噛んでいます。何をしているんでしょうね。

【写真103】
移動中に何かを発見しました。
小さなクモがアリを捕まえたそうです。

【写真104】
裏門公園の東側覗き窓から観察する参加者たちです。

【写真105】
覗き窓からのぞくと「アオサギ」が居ました。

【写真106】
眺めていると飛び出しました。
下に翅の付いた黒い虫が居ました。
動きはぎこちなく飛びません。何と言う虫でしょうね。

【写真107】
移動しながら観察する参加者たちです。

【写真108】
「チャコウラナメクジ」でしょうか、3頭ほど張りついていました。
左下に小さな茶色い虫が付いています。

【写真109】
林縁を移動する参加者たちです。

【写真110】
蜘蛛がアリに襲われていました。

【写真111】
別の蜘蛛を発見。
アロポンさんが「ヤマシロオニグモ」のようですとのこと。
調べてみるとそのようです。

【写真112】
林縁を抜けて水田地帯に出ました。

【写真113】
水田の側溝に「アメリカザリガニ」を発見しました。

【写真114】
水田地帯を抜けて引地川に出ました。
引地川の土手を散策します。

【写真115】
桜の木に毛虫が付いていました。
以前見たことがあると思いますが、何と言う蛾の幼虫でしたっけ。

【写真116】
雨が時々少しぱらつき始めました。
今日は昼食は摂らず、この辺で終わりにすることにしました。
東屋で今日見聞きしたもののまとめをして解散しました。
解散後、皆で引地川を少し下りながら散策しました。
すると、「カルガモ」の親子を発見しました。

【写真117】
雛は1羽だけです。
自然通信の報告では13羽ぐらいいたようですが、皆やられてしまったようです。
我々に気づいたようで泳ぎだしました。

【写真118】
なんとか生き延びろよ~と声をかけました。
やはり、天は大庭自然探偵団の観察会を守ってくれますね。
また、来月の遠藤地区観察会が楽しみです。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました