(7/10) 引地川湘南台地区( お馴染みの鳥たち )

朝の川散歩に行きました。
曇り空でしたが、散歩しているうちに太陽が出てきて暖かくなってきました。
久しぶりの太陽です。
桜の木の中から繊細な鳴き声が聞こえてきました。
「エナガ」の小さな群れです。

【写真101】
「エナガ」の繊細な鳴き声の中に、木を叩く音が聞こえてきました。
探すと、居ました「コゲラ」です。

【写真102】
遊水地化の工事中護岸に「アオサギ」2羽が、佇んでました。

【写真103】
上空から「ヒバリ」のさえずりが聞こえてきました。
最近、たまに「ヒバリ」のさえずり飛翔に出くわします。
遊水地化工事で、巣作りに適した広く雑草の生えた場所ができたせいかもしれません。
何処にいるのかが、なかなかわからないんですよね。
ようやく見つけました。かなり高い。

【写真104】
音もなく鳥が飛んで来て、桜の木の中に入りました。
一瞬でしたが「ヒヨドリ」のような印象がありました。
しかし、何か違うような感覚がありました。
桜の木の中を覗くと居ました。
「イソヒヨドリ」だ。
よく見ると、オスの幼鳥です。

【写真105】
近いところに留まってます。
ズームを効かすと、これでノートリミングです。

【写真106】
キョロキョロしていました。
親を探しているような雰囲気です。
周りを見回しましたが居ません。
おそらく、親から独り立ちさせられたばかりなんでしょうね。
秋山 孝

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました