◆引地川散歩 ルリビタキ

年末の買い物もあるので近場のいつもの公園に行こうかと思ったのですが、ちょっと人も多そうなのでルリビタキに会いに大庭の谷戸に行ってみました。
何度か通ってみたもののルリビタキを見ていないので何とかと思ったのですが、聞こえるのはヒヨドリさんの声だけで、柄にも無く2時間程待ちましたがシャッター切ることも無く惨敗!!

買い物を済ませ家の仕事も終わらせたのが2時過ぎ…この時間なら人も少なくなっているだろうと思い公園に行ってみることにしました。
仕方がないので園内を歩いているとカワラヒワの群れがいたので、本日初めてシャッターを切りました!!

余り鳥がいないので時間を見てみると三時前…
そこで公園を切り上げて朝行った大庭に再び行ってみることにしました。
谷戸の入口でシロハラに出会い、これなら期待出来る…

…と思って奥に進むと全く鳥の声が聞こえません。
暫く待ってみましたが辺りが段々暗くなり始めたので、最後に奥の階段まで行って帰ろうと思って行って見ると、暗い階段の中程で何やらルリビタキらしき鳥が動いています。

暫くすると少し明るい場所に出てくれたのですが、それでもシャッター速度を下げてもISO感度がバンバン上がってしまいノイズ一杯の写真になってしまいました。


今シーズン初見のルリビタキを撮れたので、今年の締めとしては言うこと無しの鳥撮りになりました。


どうぞ皆さま良い年をお迎えください!!

+2

コメント

  1. tomy より:

    我楽多さま

    人が大勢いる、という公園の鳥。 かなり前から確認されていたのですが、
    人が集まることが目に見えているので、
    確認された後、ここをフィールドにしているメンバーの間で、
    インターネットには載せない、できるだけ広めない、
    遠方から人が集まるのは避けたい、ということになりました。

    そんなわけで、しばらくは静かだったのですが、
    ブログに載せる人が出てきて、最近は他県からもかなりの人が来ているようですね。
    お近くですから、たまたま行って、そうした様子に驚かれたことと思います。

    野鳥を見る、撮る姿勢は人それぞれ、とは思いますが、
    情報を頼りに珍しい鳥を撮りに行き、
    中にはミルワームを置いたり、鳴き声を流しておびき出したりする人もいます。
    そういうことは止めて欲しいですね。

    耳を澄まして、目を凝らして野鳥を探す、
    自然の中で、虫や花の蜜、木の実など、自然の恵みを糧に生きる姿を見せてもらう、
    そんな時間を私は楽しみたいと思います。

    +3
    • 湘爺 より:

      tomyさん
      やはりそうでしたか。
      その鳥の存在は、一昨日ブログで気が付きました。
      当然tomyさんは知っていて、写真にも撮っていると思いました。
      ふじさわ自然通信に投稿していないので、公表を抑えているんだろうなと思いました。
      居なくなってから、こんなのが居たよと投稿するんだろうと思ってました。
      それを楽しみに待っているところでした。

      秋山 孝

      0
    • 我楽多 より:

      tomyさま
      tomyさんも多分撮っておられるとは思っていたのですが
      皆さんのお気遣いを無にしてしまうような投稿をしてしまい
      申し訳ありませんでした。
      何度かご一緒させて頂いてtomyさんの鳥を含めた自然に
      接する姿勢は見習いたいといつも思っております。

      遅かりしかもしれませんが投稿の内容を少し変更しておきます。

      0
    • 我楽多 より:

      湘爺さま
      勝手ですが少しコメントの内容を
      一部変更させていただきました。

      0
タイトルとURLをコピーしました