今田遊水地( 大晦日 )

12月31日大晦日の朝も、遊水地を散歩してきました。
寒いですね。
天気予報によると、にわか雪やあられの可能性もあるとのこと。
遊水地に到着すると曇り空で、変な天気でした。
南の空はこんな感じでした。

【写真101】

寒かったけど、結局にわか雪は振りませんでしたね。
「マルガモ」が居たのでカメラを向けたら、突然羽ばたきました。

【写真102】

【写真103】

仲間がうずくまっている中、この「コガモ」は朝食中でした。

【写真104】

【写真105】

三羽の鳥が飛んで来て斜面に降りました。
たぶん「タヒバリ」でしょう。
カメラを向けると、やはりそうでした。

【写真106】

遊水地は全体的に静かです。
「カルガモ」以外のカモ類は、ほとんどが葦原の根元でうずくまっています。
離れた所に居る二羽の「アオサギ」が、静かな水面にたたずんでいました。

【写真107】

【写真108】

葦原の根元にうずくまっている「ヨシガモ」です。
今日は綺麗な緑色の顔を見せてくれませんでした。

【写真109】

「カルガモ」の隣に小さなカモが居るので、何だろうとカメラを向けました。
向こう向きに小さくなっている「カルガモ」のようです。

【写真110】

すると、突然交尾が始まりました。
びっくり。

【写真111】

【写真112】

「カワウ」が水の中で羽干しをしていました。

【写真113】

「カイツブリ」です。
一時はカップル一組だけになりましたが、数がだんだん増えてきました。
来年の春が楽しみですね。

【写真114】

なぜか「ヨシガモ」のメスが単独でいます。
どうしたんでしょうね、寂しそうです。

【写真115】

お馴染みの「オカヨシガモ」のカップルが、シンクロナイズスイミングです。

【写真116】

【写真117】

いつも石組みでうずくまっている「コガモ」を、最近見かけません。
そこから少し放れた葦原の根本付近でうずくまっています。
最近急に寒くなってきたので、石組みの所はオープンで寒いので移動したようです。

【写真118】

向こう岸の民家の高いポールの上に鳥らしきのが居ます。
カメラを向けて思いっきりズームアップ。
あっ、「チョウゲンボウ」だ。

【写真119】

「タシギ」らしき鳥が飛んで来て向こう岸に降りました。
カメラを向けると、一目散に走り葦原に消えました。どうしたんでしょうね。

【写真120】

そろそろ引き上げましょう。
帰りにリンゴとバナナを買って帰らねば。
今日は大晦日です、年越しそばが楽しみですね。
皆様、良いお年を。

秋山 孝

 

+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました