(1/10) 大庭自然探偵団観察会報告(大庭地区)

2021年1月10日、大庭自然探偵団の自然観察会が行われました。
今年最初の自然観察会は、大庭地区です。
今日見聞きした野鳥は以下の25種でした。
ヒヨドリ、アオサギ、ヤマガラ、カワラヒワ、アオジ、メジロ、ハクセキレイ、モズ、
コサギ、カワセミ、オオバン、ツグミ、ユリカモメ、カルガモ、ハシボソガラス、
ハシブトガラス、スズメ、イソシギ、クイナ、ゴイサギ、キジバト、ムクドリ、
シジュウカラ、トビ、キジ。
虫はの主なものは以下の通りです。
ウスバフユシャク、ナミスジフユシャク、チャバネフユエダシャク、
ヨコヅナサシガメ幼虫、ナミテントウ蛹、ミナミツノカメムシ?
フユシャクはいろいろ見られましたが、どなたか紹介してください。
植物は宜しくお願いします。
写真に撮れたものを中心に観察会の様子を紹介します。
他の人も、気になったものがあれば紹介してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2021年最初の観察会です。
親水公園に駐車して集合場所に向かいました。
「トビ」がカラスにモビングされてました。
その後、私の上空に来ました。

【写真101】

【写真102】
集合場所に行ってみると、なんと、懐かしい人が居るではありませんか。
おぐちさんですよ。
開催のあいさつや注意事項を連絡し、いよいよ観察会開始です。
裏門公園の覗き窓がリフォーム中で覗けません。

【写真103】
フェンスの隙間から覗くと、「アオサギ」が居ました。撮りにくい。

【写真104】
もう一つの覗き窓に移動しました。

【写真105】
先ほどの「アオサギ」が別の角度から撮れました。

【写真106】
裏門公園の中は静かで何もいません。
林縁に移動する途中に「ヤマガラ」が食事中でした。

【写真107】
林縁での観察風景です。

【写真108】
上を見ると、木に「カワラヒワ」が居ました。
木の芽がかぶっていて、木の芽が鳥の目みたいですね。

【写真109】
低い木に「メジロ」が居ました。

【写真110】
「キセルガイ」の抜け殻でしょうか。

【写真111】
林縁を抜けて水田地帯に出ました。

【写真112】

【写真113】
水田の向こう側の林に動くものを発見。
カメラでズームアップすると「モズ」でした。

【写真114】
親水公園に出ました。

【写真115】
向こう岸近くの込み入った所に、何か動いています。
カメラを向けてズームアップすると、「カワセミ」が魚をくわえています。
かなり大物の魚です。

【写真116】

【写真117】
遠くて込み入っているので良く撮れませんでしたが、大きな魚をくわえているのが良く分かります。
飲み込むため何度も振り回したり、魚を飲み込む向きにしたりしていましたが、なかなか飲み込むところまで行きません。
最後まで見届けませんでしたが、飲み込めなかったんじゃないかな。
「ツグミ」が水を飲んでいました。

【写真118】
「ユリカモメ」2羽が飛び回っていました。

【写真119】
「カルガモ」です。

【写真120】
親水公園にカモ類が居ないですね。
「コガモ」すら居ない、どうしたんでしょうね。
「イソシギ」が居ました。

【写真121】
「カワセミ」が飛んできて枝に留まりました。
今度は撮りやすい、

【写真122】
「オオバン」が居ます。水がきれいですね。

【写真123】
グラウンドの木に「ツグミ」が居ました。

【写真124】
木道を散策して「クイナ」が出ると言われる水たまりに到着。
皆でじっとしていると、「あそこにクイナが居る」の声。
居ます居ます、「クイナ」です。
水の凍った氷の上を歩きながら採餌しています。
人がこんなにたくさんいるのに、平気で採餌しています。警戒心が強いはずなのに、どうしたんでしょう。

【写真125】

【写真126】
氷の上を滑りそうになりながら歩いてました。

【写真127】
kazunaritt さんが聞いたら悔しがるだろうなと言ってましたよ。
最後の最後にプレゼントが待ってました。
最後に今日のまとめをして解散しました。
次回は2月14日、遠藤地区です。
今から楽しみですね。
秋山 孝

——コメント——

湘爺さん‥お世話係お疲れさまでした。いいお天気で、たくさん鳥を見ることができて良かったですね〜楽しく気持ちの良い観察会でした。屋外の安全な観察会は、このような時期、もっと気をつけながら、回数を増やしてもいいのかななんて個人的には思いました。
By:misakotn

——

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました