引地川 キアシシギ

長久保公園前の引地川にキアシシギが・・・、とお仲間から。
大庭をブラブラしていたのですが、急いで行ってみると、
川岸近くの浅瀬に立っているのが見えました。
8月に入って、シギ類の秋の渡りが始まっているんですね。
今年は春に大庭の水田で姿を見られなかったので、
本当に久しぶりでしした。

じきに、ピュイッと鳴いて飛び立ったのですが、見える所に降りました。
私も急いで移動。 お尻をフリフリしながら、石の間を歩いていましたが、

またすぐに、もっと下流へ飛んで、また私も移動。
そこで暫く餌探しをしていましたが、また海の方向へ飛んで、見えなくなりました。
こんな早い時期に川で見られるとは思いませんでした。

長久保公園の一画で、イヌハギの花が咲き始めました。
地味な花ですが、今、市内ではここでしか確認出来ていません。
草刈りの際に、残してくれるよう園にお願いをしている、ちょっと大事な植物。

植栽の山野草コーナーで、キンミズヒキがたくさん花穂を伸ばしていました。

今、どこに行っても響いてくるのはセミの声。
でも、ミンミンが大音響で鳴いていると、ニイニイの声はかき消されてしまいます。
声ばかりで、なかなか見えないのですが、
たまたまよく見える所に飛んできた、ニイニイとミンミン。
樹皮の模様に溶け込んで、離れると分からなくなってしまう、ニイニイゼミ。

体の緑色がきれいで、羽が長いミンミンゼミ

+7

コメント

タイトルとURLをコピーしました