観察会報告 植物

師走とは思えない暖かさになりました。
初冬のこの時期、花はずいぶん少なくなりますが、
ホトケノザやノゲシ、ユウゲショウなど、お馴染みの長く咲く花はまだ元気。
季節の樹の花はヤブツバキくらいですが、赤やオレンジの実が目を楽しませてくれます。
今回も初めて参加して下さった方がいらして、ちょっとした区別点などを確認しながら、
いつものように、和やかに、の~んびり歩きました。

花や実の見られた植物
コセンダングサ、ハルジオン、ノイバラ(実)、ヤツデ(若実)、ヤブツバキ、サルトリイバラ
(実)、ムラサキカタバミ、セイバンモロコシ、ヤブヘビイチゴ(実)、クサギ(実)、ノゲシ、ビワ、ムラサキツメクサ、ヒメジョオン、クロガネモチ(実)、シンテッポウユリ、ブタナ、セイタカアワダチソウ、マンリョウ(実)、ツルウメモドキ(実)、ホトケノザ、ヒイラギ、ユウゲショウ、ナズナ、カタバミ、ハハコグサ、オニノゲシ、オオイヌノフグリ、タネツケバナ、マユミ(実)、ハキダメギク、など

写真をあまり撮らなかったのですが、いくつか。
まだポツポツでしたが、ヤブツバキが咲き始めていました。

集合場所近くの植え込みの中で咲いていたシンテッポウユリ。球根植物としては驚くほど花期の長い花です。

街路樹のメタセコイア。 今年は紅葉がきれいでした。

林の縁で、ヤブヘビイチゴが実っていて、ちょっとビックリ。

エビヅルの葉も良い色に。

tomikoさんも出されていますが、目を楽しませてくれた、ツルウメモドキとサルトリイバラの実


鳥を少し。遥か遠くで、枝被り。何とも言えない写真ですが、
集合前に見かけたシメとジョウビタキ。


これも被るのですが、スタート前にちょっと声が聞こえた、リュウキュウサンショウクイ。
歩き出すと、また鳴きながら飛んで来て、遥か遠くの枝に止まりました。

+5

コメント

タイトルとURLをコピーしました