観察会報告 植物

2月は光の春。
陽ざしの力強さに春を感じて、心おどる季節です。
このところの寒さで、よく見られる路傍の花は身をすくめている感じでしたが、
それでもちょっと遠回りをして歩いた畑の陽だまりでは、
ホトケノザやナズナなどのお馴染みの花が伸び伸びと咲いていました。
ハンノキ、ウグイスカグラなど、この時期ならではの花たちも
期待通り出迎えてくれました。
花の見られた植物
ウグイスカグラ、オオイヌノフグリ、オニノゲシ、オランダミミナグサ、カラスノエンドウ、キュウリグサ、セイヨウタンポポ、ナズナ、ノゲシ、ハンノキ、ヒメウズ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ミチタネツケバナなど
この時期らしい花を少しだけ。
2月になると花穂を下げるハンノキの花

ウグイスカグラ 6月頃、ほんのり甘くて美味しい実になります。

よく見ると、この時期林縁の下の方にたくさん咲いているヒメウズ。

植物ではありませんが、集合前に看護学部付近で出会ったツグミとシロハラです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました