引地川( ジャコウアゲハ など )

7月20日の朝、引地川の湘南台地区を軽く散歩してきました。久しぶり。
今日は病院に行く日で、湘南台駅西口にあるので、引地川を軽く散歩した帰りに病院に寄ることにしました。
散歩していると後頭部に直射日光を浴びてきついので、昨日帽子を買いました。
いくらか楽ですね。
引地川の下土棚遊水地造成作業は夏休みなのか作業はしていませんでした。
最近作業した形跡がありませんね。
静かです。
土手から鳥が飛び立って、コンクリートの角に留まりました。
「イソヒヨドリ」のメスです。

【写真101】

引地川湘南台地区には、昔から「イソヒヨドリ」が住み着いているんですよね。
撮る対象はあまりないと思い、散歩カバンから戦車みたいなカメラは出さずに、小さなコンパクトデジカメで撮りました。
アブが飛んできて留まりました。
おなじみ「シオヤアブ」のメスです。

【写真102】

川を覗くと、上流方向遠くに「カワウ」が四羽休んでいました。

【写真103】

護岸工事がだいぶ終わっていますが、護岸に草が生えないようなタイプのコンクリート護岸です。
なので、コンクリート川な感じで緑がありません。
民家のコンクリートブロックに「トカゲ」を発見。動きが速い。

【写真104】

蜂が居ました。
「セグロアシナガバチ」のようです。

【写真105】

引地川土手を歩き始めてすぐに「ジャコウアゲハ」が居ましたが、撮らせてもらえませんでした。
でも、帰るころになって、撮っていいよとばかりに近くで羽を広げて待っていてくれました。
ありがとうと言って撮りました。

【写真106】

ここには昔から「ジャコウアゲハ」が住み着いているんですよね。
さて、そろそろ病院に行かねば。
医者は、日焼けした私の顔を見て、元気そうだなと言われてしまいました。

秋山 孝

 

+4

コメント

タイトルとURLをコピーしました